広告マーケティングの専門メディア

【現地レポート】デジタル、テクノロジーの世界の祭典「SXSW2017」

SXSW インタラクティブ・イノベーション・アワードから「新しい顧客体験」のヒントを探る

村上晋太郎(電通)

[インタラクティブ・イノベーション・アワードとは]
その年の革新的なプロダクトを評価する賞で、13のカテゴリーと7の特別賞が用意されている。カテゴリー毎に5チームのファイナリストが選出され、合計65チームがHilton Austinの会場にて「Finalist Showcase」と呼ばれる展示を行う。

インタラクティブ・イノベーション・アワードは、2016年の革新的なプロダクトを評価する賞で、13のカテゴリと7の特別賞が用意されています。カテゴリー毎に5チームのファイナリストが選出され、合計65チームがHilton Austinの会場にて「Finalist Showcase」と呼ばれる展示を行います。本稿では、このFinalist Showcaseの中で、新しいアイデアのタネになるようなユニークで面白いプロダクトや、革新的で未来を感じたプロダクトをご紹介します。

筆で操作できる高感度タッチパネル「The Sensel Morph」

最初に紹介するのは、高感度タッチパネル「The Sensel Morph」です。5グラム~5キログラム(3万2000段階)の感度を持った感圧素子が約2万個敷き詰められたマルチタッチパネルで、その高い感度ゆえに、筆による微細なタッチからドラムスティックで叩くような激しい操作まで検知することができます。また、ゴム製のパッドを載せることでさまざまな道具に姿を変えることができます。

会場では「The Sensel Morph」を「ピアノ」「ドラム」「DJキット」などの音楽ツールや「ゲームコントローラ」「キーボード」などの入力デバイスに変えることができるゴム製のパッドが展示されていました。柔らかい素材であればどんなものでも上に敷いて使うことができるため、自作のゴムパッドをつくれば、いろいろな道具に変身させることができます。

また、Githubで開発ツールが公開されているため、自作のソフトウェアに組み込むことも可能です。開発者のアイデア次第で用途が広がる、夢のある展示でした。

音場を自在にコントロールできる「HOLOPLOT」

次に紹介するのは、音場を自在にコントロールできるスピーカー「HOLOPLOT」です。HOLOPLOTには多数の小さなスピーカーが搭載されており、このスピーカー同士の干渉をコントロールすることで、「音場」をつくり出すことができます。この「音場」をコントロールすることで、音に指向性を持たせ、100メートル先までほとんど減衰させずに音を届けたり、エリアによって異なる音声を届けることができ …

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

【現地レポート】デジタル、テクノロジーの世界の祭典「SXSW2017」 の記事一覧

SXSW視察ツアー参加者レポート「新しいユーザーエクスペリエンスをどうつくる?」
人の感情を喚起するVR、既存メディアと競合しない理由とは?
IBMデザインスタジオに見る「クリエイティブな場づくり」
SXSWで本間充氏が見た「テクノロジーで実現するユーザーエクスペリエンス」
いま広告界に求められるのは、デザイン思考よりスタートアップ思考だ
SXSW アクセラレーター・ピッチから「新しい顧客体験」のヒントを探る
SXSW インタラクティブ・イノベーション・アワードから「新しい顧客体験」のヒントを探る(この記事です)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する