広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

社員研修に新聞を!広がるNIB(Newspaper in Business)

宮浦慎

新聞の読み方や購読のメリット伝える

新入社員研修で、記者が新聞の読み方を教える─。今、NIB(Newspaper in Business=ビジネスに新聞を)という取り組みが全国で広がっている。情報収集力や分析力、コミュニケーション力といった能力養成をアピールポイントに、新聞の読み方や文章の書き方など、具体的な仕事の場面を想定した新聞活用術を伝えている。読者開拓につなげるため、新聞購読をプログラムに組み込み、仕事に役立つ活用法を学んでもらう事例も増えている。

新聞業界は30年以上、NIE(Newspaper in Education=教育に新聞を)活動に取り組んできた。学校などで教材として新聞を使おうという取り組みで、新聞社は記者を派遣して授業をしたり、新聞を使った学習教材をつくったりとさまざまな工夫を積み重ねている。未来の購読者をつくるこの取り組みは今、多くの教育現場で実践されている。NIBはいわば、この活動を社会人にも広げようというものだ。

新潟日報社は3月28日、県内の警備会社の新入社員向けに出前講座を開催した。同社初のNIB講座では、「気になる記事に印を付けながら全体に目を通してほしい。1日20分でできる」といった具体的な読み方や、「地元の経済情報に強く、仕事にも役に立つ」など購読メリットを語った。このほか、十勝毎日新聞社、上毛新聞社、下野新聞社、琉球新報社でも同様の取り組みが2017年から始まった。今春から、新聞各社でNIBを強化するための機構改編が相次ぐなど、今後もさらに広がりそうだ。

強みは何よりも、第一線で活躍する記者を派遣できる点だ。特に、地方の企業からは、地域経済に詳しい記者の引き合いが大きいという ...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

4月の広告界ニュースダイジェスト(2)「SCC賞」 結果発表、カンヌライオンズ2017の審査員決定ほか
ローカル局の就活支援事業の取り組みを追う
感動を呼んだ駅のサイネージ展開
社員研修に新聞を!広がるNIB(Newspaper in Business)(この記事です)
SXSW2017 開催 ─フェイクニュースのセッションから─
日本における「イベント」の今
小売り業への販促提案は「売り場顧客」を増やす視点が必要
4月の広告界ニュースダイジェスト(1)アドフェスト結果発表、岸勇希氏 新会社設立ほか
バルセロナMWC2017で盛り上がった人工知能ビジネス最前線
コミュニティイベントに見るイベントのSNS化
新型車両のサイネージ化から見るOOHメディア
どうした!セールス・プロモーション
過去写真を「レガシー」に 東京五輪見据え、活用進む
クリエイティブの力で地域の資産がよみがえる
4月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト
2月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト
コンテンツマーケット「NATPE」レポート――勃興するヒスパニックマーケット
100周年に向け、ホップ・ステップ・ジャンプ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する