広告マーケティングの専門メディア

Marketing Day

「Marketing Day 2017」開催(2)―テンピュール・シーリー・ジャパンが取り組む、オウンドメディアを活性化させる社内アプローチ

グライダーアソシエイツ x テンピュール・シーリー・ジャパン

ブランドの裏側を見せることで顧客の興味を惹きつける

――テンピュール・シーリー・ジャパンさんは、顧客とブランドとの新たな出会い方について、さまざまな試みをなさっていますよね。

尾澤▶今は顧客とブランドの接点が、非常に多様化しています。デジタルツールでも新聞・雑誌広告でも、同じブランドの顔として顧客とコミュニケーションを図ります。蜘蛛の巣型に張り巡らされた顧客とブランドとの接点を、常に最適化することを考えています。

――デジタルツールを活用したオウンドメディアの運用に、多くの企業が課題を抱えています。

尾澤▶顧客には店舗に足を運ぶ前に、いかにより良い情報を与えられるかが鍵と考えます。実はオウンドメディアでキュレーションのようなコンテンツを模索しています。ただ自社で行うと、情報に偏りが出る可能性があり、今後の課題と感じています。

――オウンドメディアのコンテンツで、顧客の評判を呼んだそうですね。

尾澤▶社内の士気を高めるために、弊社の開発の裏側をパロディー化した画像をつくったところ ...

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する