広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

新型車両のサイネージ化から見るOOHメディア

吉田勝広

中づりをデジタルサイネージに置き換えた車両が登場!

2017年2月13日、西武鉄道の車両基地で新型車両40000系の内覧会が行われた。「最も進化した通勤車両」とされる車両は、有料座席指定列車で運用され、沿線の人々により快適な通勤ライフをしてもらうことを意図したとのことだ。座席はクロスシートだけでなくロングシートにも転換できるようにつくられている。

気になる広告設備は、スペースがあれば貼れるステッカーを除けば、まど上とドア横とデジタルサイネージだけになる。中づりの広告設定をなくしている点がポイントだ。

JR山手線の新型車E235系が導入される時に、一時中づりが無くなるのではと報道され話題になったが(結果中づりは存続)、この車両ではついに紙の中づりはすべてサイネージに置き換えられている。17インチサイズのものが2面セットで、1編成全部で156面ある。しかも、ドア上部分にも同じサイズで160面と両方に搭載されているのだが、これはおそらく業界では初めてだろう(写真1、2)

写真1.2 西武鉄道新型車のデジタルサイネージ。中づり部分とドア上部分の両方ある。

ドア上部分の1面は業務表示として使われるのだが、中づり部分は全て広告媒体とした。広告担当者によると、新たな広告媒体の創造(西武鉄道の媒体を選択してもらうための同業他社との差別化)と、利用がクロスシートの着席指定で進行方向向きに座る点にあわせてこの媒体を開発し、導入したとのことだ。

着席指定時は長時間座っている方へリーチできるため、従来の車内デジタルサイネージとは異なったコミュニケーションが可能になるのではと考えている。3月25日から2編成導入を機に、4月から広告貸切電車として販売しているが、すでに4月は完売しており、紙媒体だけよりも稼動が良さそうな感触を得ている。

大阪環状線にも昨年から新型車両が登場!

中づり部分をサイネージ化している車両は、成田エクスプレスとJR西日本にもあるが、そのJR西日本も昨年12月24日から新型車両を導入している。大阪環状線に導入した323系は、従来とは違いドア上部分と貫通扉上をサイネージ化している(写真3)

写真3 大阪環状線に導入された新型323系のサイネージ。JR西日本では初めてドア上に設置。

広告担当者にその理由を聞くと、ロングシートであることと ...

あと34%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

バルセロナMWC2017で盛り上がった人工知能ビジネス最前線
コミュニティイベントに見るイベントのSNS化
新型車両のサイネージ化から見るOOHメディア(この記事です)
どうした!セールス・プロモーション
過去写真を「レガシー」に 東京五輪見据え、活用進む
クリエイティブの力で地域の資産がよみがえる
4月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト
2月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト
コンテンツマーケット「NATPE」レポート――勃興するヒスパニックマーケット
100周年に向け、ホップ・ステップ・ジャンプ
『買い回り』を楽しく演出するリテール・プロモーション
リアルな応援メッセージでOOHメディア展開
本格化する各新聞社のクラウドファンディングサイト運営
2017年度のテレビ・ラジオ営業収入見通し発表
1月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(1)
教育×ITの新たな潮流とは
年中行事のイベント化が生活者の関与度を高める

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する