広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

過去写真を「レガシー」に 東京五輪見据え、活用進む

宮浦慎

体制整備進み、ビジネス化へ期待

ユーキャンが実施する2016年の新語・流行語大賞にノミネートされた「レガシー」。東京五輪・パラリンピックの競技場見直し問題で、小池百合子都知事が繰り返し述べ注目を集めた。本来の目的以外にも広く用途を見つけ、資産として活用すべきだという意味だが、新聞社にとって「レガシー」にあたるのが過去写真だ。

写真フィルムが未整理の状態となっているのが長く課題となっていたが、東京五輪を見据えデジタル化する動きが生まれている。過去の写真を自動着色技術を使用して色鮮やかにしたり、デジタルアーカイブに活用したりするなど、新技術と組み合わせ、付加価値を生み出す取り組みもある。

毎日新聞社は今春「レガシーフォトアーカイブスプロジェクト」を本格始動する。写真部や同部のOB、調査情報部などで横断組織をつくり、データベース登録を進める。

昨年、同社では1936年のベルリン五輪のフィルムが1000コマ見つかった。特派員が撮影したもので、日本の女子競泳選手団とナチスの親衛隊が一緒に写った写真などが収められていた。これらの写真は2016年8月に「ヒトラーのオリンピック」と題して特集。社内には戦前のものも含め、手付かずのフィルムは2700万コマ以上あり、未整理のフィルムの中には貴重な記録がまだ数多く残されているとみる。

レガシーの活用が進まなかった背景には …

あと68%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

バルセロナMWC2017で盛り上がった人工知能ビジネス最前線
コミュニティイベントに見るイベントのSNS化
新型車両のサイネージ化から見るOOHメディア
どうした!セールス・プロモーション
過去写真を「レガシー」に 東京五輪見据え、活用進む(この記事です)
クリエイティブの力で地域の資産がよみがえる
4月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト
2月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト
コンテンツマーケット「NATPE」レポート――勃興するヒスパニックマーケット
100周年に向け、ホップ・ステップ・ジャンプ
『買い回り』を楽しく演出するリテール・プロモーション
リアルな応援メッセージでOOHメディア展開
本格化する各新聞社のクラウドファンディングサイト運営
2017年度のテレビ・ラジオ営業収入見通し発表
1月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(1)
教育×ITの新たな潮流とは
年中行事のイベント化が生活者の関与度を高める

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する