広告マーケティングの専門メディア

           

宣伝会議賞

一次審査員より審査講評(4)

『宣伝会議』3月号誌上で、一次審査通過者が発表となりました。全応募作品の中から一次審査を通過したのは、わずか1.2%。審査を担当し、膨大な数のコピーに触れた84人の審査員の皆さんの目には、今回の作品の数々はどのように映ったのか。広告界の最前線で活躍するクリエイターでもある審査員の方々に、本音で語っていただきました。

BBDO J WEST 眞鍋海里
広告は、ただ「企画として成立してる(言いたいことが言えている)」というだけだと不十分で、その上で面白い表現、納得が増す表現、目を引く表現が必要になってきます。そこがクリエイターとしての個性やスキルに直結しますので、「言えた!」で安心せずに、そこからの"粘り"がもっと見たかった!

6B(ロクビー) 溝口俊哉
「だれもが分かっている商品」だったので、新しいイメージを提示するのが難しく、言葉遊びのようなコピーが多かったです。とはいえやはり「あたらしいイメージ」を発信したい。可能性を感じるものもありました。考えてみればほとんどの商品は「既視感」のなかにある時代なので、コピーも進化する必要があると感じました。

電通名鉄コミュニケーションズ 森 俊博
受賞者の皆さん、おめでとうございます。そして、仕事のあと、毎日寝る時間を削って、飲み会の誘いも断り、土日も出かけず、孤独に耐えながら、苦しんで、もがいて、必死にコピーを書き続けた皆さん。その時間は受賞より価値があると思います。数年後に必ずそう思えるはずです。本当にお疲れさまでした。

電通 森田直樹
予測可能で予定調和なコピーを書かない、と決めよう。ここは新しいなにかを見つける場、チャレンジの場だから。じゃないといつか、AIにコピーライティング業を奪われる。

博報堂 安谷滋元
多様化が進んで、一つの言葉でコミュニケーションを統合するのが難しくなっている今。審査する側もかなり"複眼"が必要です。だけど、一つの言葉でみんなの心をぶち抜くものはあると信じるし、それを求めてしまうのです。

ジェイアール東日本企画 山口広輝
他の誰かでも簡単に思いつくようなコピーでは、見た人に気づきや驚きを与えられない。だから …

あと74%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝会議賞 の記事一覧

一次審査員より審査講評(4)(この記事です)
一次審査員より審査講評(2)
一次審査員より審査講評(1)
新設「中高生部門」、記念すべき第1回受賞作品が決定!
協賛企業賞受賞者が決定!(6)
協賛企業賞受賞者が決定!(5)
協賛企業賞受賞者が決定!(4)
協賛企業賞受賞者が決定!(3)
協賛企業賞受賞者が決定!(2)
協賛企業賞受賞者が決定!(1)
第54回「宣伝会議賞」 二次・三次審査通過者発表!
中高生部門、一次審査通過作品発表!
第54回宣伝会議賞 一次審査通過率は1.2%
宣伝会議賞 11月11日締切までラストスパート!
第54回「宣伝会議賞」審査員が登壇 コピーで世の中を少しハッピーにする
第54回宣伝会議賞の作品応募は11月11日13:00締切です。
協賛企業の誌面オリエンテーション(6)
協賛企業の誌面オリエンテーション(5)
協賛企業の誌面オリエンテーション(4)
協賛企業の誌面オリエンテーション(3)
協賛企業の誌面オリエンテーション(2)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する