広告マーケティングの専門メディア

           

宣伝会議賞

新設「中高生部門」、記念すべき第1回受賞作品が決定!

今年新設された「中高生部門」には、計1287点の作品が集まりました。その中から、栄えある受賞を果たした9作品を、ここで発表いたします。受賞作品はどれも、中高生らしいみずみずしさがあり、10代の等身大の思いが表現された作品ばかり。記念すべき第1回受賞者の皆さん、おめでとうございます!

読売中高生新聞【キャッチフレーズ】

なるほど!10代が思わず新聞を開きたくなるキャッチコピーを、どうぞ。

グランプリ

本気で殴りたい政治家ができました。

東京学芸大学附属高等学校 田中 崇貴(17歳)
僕がその知らせを受け取ったのは、友人と帰る東横線の中でした。突然の朗報へのあまりの喜びに、普段話すことのない遠縁の親戚にも電話をしようとしましたが、動揺のあまり電話番号を間違え、知らないおじいさんと5分間会話をしました。楽しかったです。コピーライターへの憧れ、言葉への漠然とした欲求。未熟でも熱い気持ちで、この賞に臨みました。2016年の秋、自分の創作力への、17歳最大にして最後の挑戦でした。今では友人との会話も、専ら進路の話。就きたい職業、大好きな物、もちろん僕にもあります。そこへ向かうための努力もしているつもりです。ですが、自分が「何者」になるのか、17歳の春らしく、悩んだりしています。今回このような栄えある賞をいただき、その答えが見えた気がします。いずれは表現することで、世の中と繋がることのできる人間になりたいです。この度は本当にありがとうございました。

    中高生部門は、宣伝会議賞が歩んできた長い歴史において初の試み。中学生・高校生らしいもの、つまり傾向と対策で書かれたものとは一線を画す、ちょっと"暴れた"感じのコピーを選びたいと考えていた。

    また、中高生部門ではこういうコピーが評価されるのだと、部門を方向づけるような作品を選びたいとも考えていた。最終審査会には、そういう作品が想像以上に多く残っていたように思う。企業の声を代弁するというより、荒削りでも、10代の若者の等身大の思いが強く表現されているものを。「わかる、わかる!」という共感を呼ぶより、猛々しく突き抜けていくものを。

    「中高生が書きました」と言ったときに、また「これがグランプリです」と言ったときに、世の中が一番ざわっとしそうなコピーを選んだ。巧いなと思うけれど、ピュアだなとも思う。いずれにしても、思わず引き込まれてしまうパワーがあった。熱量が飛び抜けて高いこのコピーに、懸けたいと思った。

読売中高生新聞【キャッチフレーズ】

なるほど!10代が思わず新聞を開きたくなるキャッチコピーを、どうぞ。

準グランプリ

スカート2回折って、
新聞2回開く。

早稲田大学本庄高等学院 大澤 澪(18歳)
宣伝会議賞で今年初めて設けられた"中高生部門"。若者の見えない未来と可能性に新しい道を創造させるこの部門において、準グランプリをいただくことができ非常に嬉しく思っています。ありがとうございます。今回の応募を通して、今まで何気なく流していた日常に紛れた人の言葉や行動に、心を動かされる何かが隠れているのだと実感させられました。この受賞をひとつの出発点として、「言葉」の持つ力を伝えていきたいと思います。

    新聞を折る、スカートを折る。なんだか"朝のにおい"がしてくるような、単純な動作を描写しただけのこのコピーが、面白いと思った。新聞を2回開くってどういうことだろう?なぜ2回なんだろう?審査会ではその答えは出なかったけれど、それを置いておいても、なんだか可愛らしくていいじゃないか。

    中高生のときにしか、スカートは折らない。「今」しかない表現に、一票投じたいと思った。「スカート2回折って」に清純さを求める審査員たちをどうか"童貞臭い"などとは言わないでほしい。

中高生部門 協賛企業賞受賞者

radiko【キャッチフレーズ】

ラジオを聴かない人に、ラジオを聴いてもらうためのコピーを考えて下さい。

究極のプレイリスト。

学生 北山夏凪(18歳)
このコピーはradikoで流れる豊富な曲目に感動してつくりました。初めての応募で賞をいただけるとは思っていなかったので、とても嬉しいです。選んでいただいた協賛企業と宣伝会議の皆さま、ありがとうございました。

    radiko 代表取締役社長 岩井 淳

    この度は協賛企業賞の受賞、誠におめでとうございます。「若年層のラジオ離れ」が叫ばれる昨今、弊社はラジオ業界の一員として、一人でも多くの方にラジオを聴いてもらえるよう日々業務に臨んでいます。そんな中、ラジオの魅力を知る皆さまの知恵やお力添えをいただき、一人でも多くのラジオリスナーが生まれることを願い …

あと59%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝会議賞 の記事一覧

一次審査員より審査講評(4)
一次審査員より審査講評(2)
一次審査員より審査講評(1)
新設「中高生部門」、記念すべき第1回受賞作品が決定!(この記事です)
協賛企業賞受賞者が決定!(6)
協賛企業賞受賞者が決定!(5)
協賛企業賞受賞者が決定!(4)
協賛企業賞受賞者が決定!(3)
協賛企業賞受賞者が決定!(2)
協賛企業賞受賞者が決定!(1)
第54回「宣伝会議賞」 二次・三次審査通過者発表!
中高生部門、一次審査通過作品発表!
第54回宣伝会議賞 一次審査通過率は1.2%
宣伝会議賞 11月11日締切までラストスパート!
第54回「宣伝会議賞」審査員が登壇 コピーで世の中を少しハッピーにする
第54回宣伝会議賞の作品応募は11月11日13:00締切です。
協賛企業の誌面オリエンテーション(6)
協賛企業の誌面オリエンテーション(5)
協賛企業の誌面オリエンテーション(4)
協賛企業の誌面オリエンテーション(3)
協賛企業の誌面オリエンテーション(2)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する