広告マーケティングの専門メディア

広告の中の人

高い演技力が話題の川栄李奈、コンプレックスだった「無個性」が個性に!?

川栄李奈

コピーライター、クリエイティブディレクターとしてこれまでに数多くの広告を手がけてきた小西利行さんと、アイドルグループ「AKB48」のメンバーとして活躍し卒業後、現在は女優として舞台やドラマでの演技が話題になり、最近では話題のCMに抜擢されている川栄李奈さんが広告について語る。

川栄李奈(かわえい・りな)
1995年2月12日生まれ。22歳 2015年にAKB48を卒業し、本格的に女優業をスタートさせる。主な出演作品にNHK 朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」、映画「デスノートLight up the NEW WORLD」等がある。最近ではNHK「72時間」のナレーションも務めるなど幅広く活躍している。

[現在契約中の広告]
エム・シーネットワークスジャパン/銀座カラー
住友生命保険相互会社/1UP

撮影/杉能信介 ヘアメイク/信沢Hitoshi スタイリスト/藤田智子
パンツ、シューズ:GRL その他スタイリスト私物

足立:実は僕と小西君とは博報堂1993年入社の同期なのですが、入社当時はコピーライターでしたよね。でも今はクリエイティブディレクターとしての活躍はもちろんのこと、見ているとコンサルティング的な位置にもいる感じがします。小西君はとにかく仕組みづくりがうまいですね。

小西:クリエイティブをベースにしているので、本当のコンサルティングとは少し違うかもしれませんけどね。ある企業のブランドをつくろうと思ったら、CMをつくるだけではできないんですよね。

どうやってその商品やサービスを売るのか、それを売る人たちのモチベーションを上げるためにはどうするか、ってどんどん考えが広がって、それが「売れる」仕組みをつくることにつながるんです。その仕組みに必要だと思った言葉を広告に使う。考えた結果、コピーじゃなくて商品のネーミングを変えたほうが売れると思えばそれを提案する。そういうことをやってきて現在に至ったという感じです。

足立:そういう意味だとすべてがリンクしているということですね。

小西:はい。それと僕が商品を広告するとき、まずはその商品のことを考えないようにしています。人生や生活と、商品の間にどんな関係性があるかを考えたいからです。商品の周りには売る人がいて、その人はどんな服を着て、どんな言葉を喋りたいのかと想像する。

日産自動車の「モノより思い出。」のコピーもそうです。車の広告はしていなくて、思い出をつくりたいなら「この車を買うべきだよ」と言ったほうが、より世の中の人が反応しやすいと思ってつけました。あと僕がやるのは「不満を書く」ってこと。

足立:え!?不満を?

小西:思いつく限りいっぱいあげます。そうすると不満が共有されるでしょう?不満は解決したらニーズになる。コピーもCMの企画を考える時も全部そうです。あとは、売れる「ストーリーをつくる」こと。例えば自分でツイートしたときに、どんな内容を書いたらリツイートされるかを本気で考えるといいですよ。

足立:なるほど。キャスティングはどうやって決めていますか。

小西:映像に合う人というよりも ...

あと55%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告の中の人 の記事一覧

高い演技力が話題の川栄李奈、コンプレックスだった「無個性」が個性に!?(この記事です)
「想定外を生める女優になりたい」多彩な引き出しを持つ伊勢佳世
テレビっ子な松岡茉優だからこそできる 一瞬で魅せる演技
憂いと瑞々しさを合わせ持つ織田梨沙 目指すのは「化けられる人」
清水富美加の人を惹きつける演技の裏にあるロジック
土屋アンナ、「女優の仕事はアート」 自分の引き出しで人を魅了する

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する