広告マーケティングの専門メディア

Pick Up!(PR)

多様化する生活者を捉える「価値観」セグメンテーション

フォワード

1月18日、ブランドコンサルティング事業を行うフォワードが、経営者や経営企画部門、ブランディング・マーケティング部門の担当者に向け「価値観マーケティング」セミナーを開催。消費者の「価値観」に着目したマーケティング手法を紹介した。

フォワード独自の価値観セグメンテーション「Flower」

潜在的な価値観を「見える化」し ターゲットを明確化する

対象となる市場を細分化(セグメント化)することが、マーケティング戦略の基本となる。しかし従来、細分化の切り口として使用されてきた「性別」や「年代」といったデモクラティック属性では、もはや昨今の消費者の多様化は捉えきれない。そこで、本セミナーでは、多様化する生活者を「価値観」という切り口から紐解き、効率的なターゲットの見出し方、それに合わせたプランニングの手法を紹介した。

第一部では、企業のブランドコンサルティング事業を行うフォワード・取締役の伊佐陽介氏が、「価値観」マーケティング活動の進め方について講演。経営戦略としてのブランドコンサルティングを得意とする伊佐氏は、現在の市場を「主観的・文化的・心理的な『好き嫌い』の重みが増してきている」と分析する。

こうした「文化的価値基準」で消費が行われる市場では、ニーズを「価値観」で捉え、「どのような自分でありたいか」といった心の拠り所などを軸に市場を細分化し、潜在的な価値観に刺さるアプローチを検討するのが有効だと解説。人の根源的な欲求を捉えることになるので、時代やトレンドの影響を受けにくいのが特徴だ。

細分化のために有効な手法として紹介されたのが、フォワード独自の価値観セグメンテーション「Flower」だ。簡易診断を通して、日本人を「スマート」「ユニーク」「カイカツ」など8つの「価値観」タイプに分類するセグメントマップ。特に、機能や性能で差別化が難しく、消費者の「好み」や「センス」で購入の判断がされやすい商品・サービスへ有効に活用することができる。

「こうしたセグメントマップの活用により目に見えにくい『価値観』を見える化し、社内で『共通認識化』することで、部署や機能を横断して『マーケティング全般での一貫性』を保つことができる。また、価値観タイプごとに刺さるアプローチや攻略要件の検証を繰り返すなど、セグメントの長期運用によるナレッジ蓄積~施策精度の向上も期待できる」と伊佐氏は話した。

商品化やプランニングのターゲットは社内の認識を揃えることがポイント

第二部では、伊佐氏に加え、東京建物 住宅事業企画部 CRM室 担当部長の野林 茂氏と、ピジョン 開発本部 ベビー大型商品開発部 ベビー大型商品マーケティンググループの渡邊邦子氏が登壇。両社の事例から、「価値観マーケティング」成功のポイントを議論した。

野林氏と渡邊氏は、「商品化やプランニングなどの実践的なフェーズでは『社内の認識を揃えること』が重要なポイントだった」と共に話す。セグメントマップ「Flower」を実際にピジョンの大型ベビーカーのマーケティングに使用した渡邊氏は、「ターゲットを『スマートさん』『ユニークさん』と呼ぶことで、社内に共通言語ができた。

他社のマーケティング事例を分析するときにも同じセグメントマップを利用したり、社内のメンバーをタイプ別に分析したりして、よりターゲットの人格を深堀し、共通認識化することができた」と振り返る。

一方、野林氏は「価値観」に注目し、顧客理解を重ねることで「営業先の新規顧客や、マンションに住んでいる既存顧客の『コミュニケーション』面の満足度が上がった。顧客の心理面や潜在的なニーズに応えるスピードが上がっている」と話す。

「価値観を切り口に狙う顧客像を具体化することは、コンセプト策定だけではなく、プロモーション実践段階においても社内の認識を揃えることに有効」と、二社の事例を通して語られた。

フォワード 取締役 伊佐 陽介氏

ピジョン 開発本部 ベビー大型商品開発部
ベビー大型商品 マーケティンググループ 渡邊 邦子氏

東京建物 住宅事業企画部
CRM室 担当部長 野林 茂氏

Pick Up!(PR) の記事一覧

最適な施策を実施するには目標と課題の見極めが不可欠
ロレアル パリが新商品プロモーションに「モデルプレス」を選んだ理由
マクドナルド、西友、DEAN & DELUCAが考える思わず発信したくなる体験とは?
データを使い、限界を超える―リサーチの場で始まる、DMP活用
ミレニアル世代の共感を生むモバイル動画の基本は「世代への理解」と「マーケティング目的の明確化」
多様化する生活者を捉える「価値観」セグメンテーション(この記事です)
パナソニックビューティの「個」へのアプローチによるお客さま接点強化とは
ジェイアール東日本企画が、関西・中部に支社開設!いま、それらのエリアに進出する狙いとは?
企業のビジネス課題を解決する統合型デジタルマーケティングとは
若年層から支持を受けてヒット、「キセキ ―あの日のソビト―」のプロモーションの舞台裏
ADKが目指す「コンシューマー・アクティベーション・カンパニー」とは
マス広告が届かない消費者に1分動画でリーチ、ターゲットの心理を捉えてロイヤルユーザー化に貢献!
​マーケターを対象に独自調査。​飽和する市場環境で 「関係性」構築が、重要な課題に​――マルケト
2017年のマーケティング環境予測と「解説動画」活用の可能性
専門家執筆の美容メディアとライフログアプリの連携で目指すもの
首都圏最大級のサイネージネットワークで生活者の動線を捉える「NewDaysビジョン」
「朝マック」がプロモーションに「グノシー」を選んだ理由
支持される理由は、「1分動画でママの課題解決」にあり―「MAMADAYS」
タクシー内にタブレット端末で、接点をつくる
デジタルとアナログの融合で高まる顧客エンゲージメント
クリエイティブ力向上は、NYフェスティバルで目指せる
「消費者との新たな関係構築から探るデジタル時代のブランドイメージ醸成」
ブランド広告にダイレクト広告のノウハウを生かし一気通貫のマーケティング支援を行う

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する