広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

2017年度のテレビ・ラジオ営業収入見通し発表

明石庸司

2017年度のテレビ営業収入 局による差異が大きくなる見込み

民放連研究所は1月31日、2017年度のテレビ・ラジオ営業収入見通しを発表した。地上テレビの2017年度営業収入は前年同期比0.4%増を予測。スポットは同1.2%増、タイムは0.7%減と予測した。BSは4.1%増とした一方、ラジオ営業収入は同0.2%減とほぼ横ばいになるとみている。

まず、今年度の営業収入は全体で0.4%増の2兆1760億円程度となると見込んだ。上下半期別では、全体で上期1.3%増、下期0.4%減と予測。東名阪と独立局が上期プラスから下期マイナスに転じ、ローカルは上下期とも若干のマイナスを見込んでいる。

営業収入の内訳では、スポットは全体で1.0%増を見込むが、東名阪1.8%増、ローカル0.6%減、独立局1.6%減と東名阪以外はマイナスとなる見込み。タイムは全体で0.5%減と2015年度(1.2%減)に続きマイナスを見込む。

ただ、リオ五輪の効果もありマイナス幅は …

あと73%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

2月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト
コンテンツマーケット「NATPE」レポート――勃興するヒスパニックマーケット
100周年に向け、ホップ・ステップ・ジャンプ
『買い回り』を楽しく演出するリテール・プロモーション
リアルな応援メッセージでOOHメディア展開
本格化する各新聞社のクラウドファンディングサイト運営
2017年度のテレビ・ラジオ営業収入見通し発表(この記事です)
1月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(1)
教育×ITの新たな潮流とは
年中行事のイベント化が生活者の関与度を高める
「プロモーショナル・マーケター」第12期は451人が誕生
職人芸的な特殊アート技法を活用したOOHメディア展開
具体的施作通じ女性活躍推進 男性への両立支援、職場の意識改革に
テレビ、ラジオ営業収入中期予測
12月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(2)
12月の注目ニュースは? 広告界ニュースダイジェスト(1)
米国トランプ政権の通信・放送規制はどうなるのか?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する