広告マーケティングの専門メディア

私の広告観

日本人最年少「セブンサミッター」となった現役女子大生、彼女が山に挑戦する理由

南谷真鈴

2016年5月、当時19歳で世界最高峰のエベレストに登頂し、日本人最年少登頂記録を塗り替えた南谷真鈴さん。同年7月には北米大陸最高峰のデナリに登頂し、日本最年少の「セブンサミッター」(世界7大陸最高峰制覇者)となった。スポンサーを自ら獲得し、強い信念を持って目標を成し遂げた南谷さんの偉業の道程と、さまざまな想いを聞いた。

南谷真鈴さん(みなみや・まりん)
1996年神奈川県生まれ。1歳半の時から父親の転勤によりマレーシア、上海、大連、本校と移住。香港の南アイスランドスクール在学中の13歳で初登山を経験。2014年に日本に帰国。東京学芸大学付属国際中等教育学校に転校。2015年1月アコンカグア(南アフリカ最高峰)登頂。翌年5月エベレストを19歳の日本最年少で登頂。7月にはデナリ(北アメリカ最高峰)に登頂。最小年で七大陸最高峰制覇者(セブンサミット)となった。早稲田大学政治経済学部国際政治経済学科在学中(2年生)。

登山家でも冒険家でもない 少しモノ好きな女子大生

南谷さんは現在、早稲田大学 政治経済学部 国際政治経済学科の2年生。学業を本分としながらも、今年4月の北極点スキー到達を視野に入れながらトレーニングに励んでいる。また、昨年12月にユニクロのグローバルブランドアンバサダーに起用された。

ノバク・ジョコビッチ選手(プロテニス)、国枝慎吾選手(車いすテニス)、錦織圭選手(プロテニス)、アダム・スコット選手(プロゴルフ)に続く、5人目の契約となり、女性が起用されたのは初めてとなる。このアンバサダーとしてのイベントや商品開発アドバイスなど、広告宣伝に関わる仕事が南谷さんの学生生活の中に加わっている。今どんな毎日を過ごしているのだろうか。

「私は自分のことをアスリートとも登山家とも冒険家とも思っていないんです。言うなれば …

あと83%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

私の広告観 の記事一覧

日本人最年少「セブンサミッター」となった現役女子大生、彼女が山に挑戦する理由(この記事です)
「逃げ恥」プロデューサーが語る制作秘話、エンターテインメント戦国時代のテレビコンテンツに必要なもの
「現代の魔法使い」落合陽一が語る、広告の未来
CM、テレビドラマ、映画での音楽は黒子。でも一言はものを言う。―作曲家・服部隆之
シャレや異論が通じる社会に。広告もコミュニケーションも、もっと多様でいい。