広告マーケティングの専門メディア

EDITOR'S PICK キャンペーン

30年親しまれたキャラクターが引退。新キャラクターを活用したおやつカンパニーの次なる戦略は?

おやつカンパニー「ベビースター新キャラクターネーミング」キャンペーン

2016年を持って引退した2代目「ベビースターラーメン」のマスコットキャラクター「ベイちゃん」と「ビーちゃん」。

市場環境の変化に合わせたコミュニケーターとしての役割に期待

おやつカンパニーは、同社が発売する商品「ベビースターラーメン」でなじみのあるマスコットキャラクター「ベイちゃん」と「ビーちゃん」が2016年をもって引退することを発表した。

1959年にベビースターラーメンが発売されてから約30年間、同商品のオレンジ色のパッケージには初代キャラクターとして女の子のイラストが描かれていた。その後1988年に発売当初からのベビースターの意志を受け継ぎつつ、オレンジ色のパッケージから白色のパッケージへと大きく変更した際に、新しいベビースターラーメンのマスコットキャラクターとして「ベイちゃん」(その後「ビーちゃん」登場)が描かれた。

その際、文字が読めない子どもでも「ベイちゃん」の衣装を見れば味の想像がしやすいようにと、フレーバーに合わせたさまざまな衣装を身にまとい、商品を訴求してきた。

そして2017年以降、「ベイちゃん」「ビーちゃん」からバトンタッチする形で、3代目ベビースターの新キャラクターがベビースターのブランド展開の多くの場面において活躍することとなった。順次店頭切り替えを行っていく予定だ。

3代目となる新キャラクター。

今回の3代目キャラクターへのバトンタッチについて、同社 開発本部 マーケティング部の嶋崎康真氏は、「元々、先代のキャラクターであるベイちゃん、ビーちゃんはお子さまにも一目で味が分かる機能的な役割もありましたが、市場環境の変化を考えたときに『モノ』から『コト』へ、『物質的価値』から『情緒的価値』へと価値観が変化していく中、ベビースターを食べたときの想いや『キブン』を体現してくれるコミュニケーターという役割をキャラクターに付与する必要がありました。

しかし、2つのキャラクターが登場してから約30年ということもあり、この機会にキャラクターをバトンタッチさせることにしました」と話す。

3代目となる新キャラクターには今までの「美味しさ」や「味」だけでなく …

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

EDITOR'S PICK キャンペーン の記事一覧

30年親しまれたキャラクターが引退。新キャラクターを活用したおやつカンパニーの次なる戦略は?(この記事です)
バナナがメッセージを届ける手紙に変身!
「スマホ」ではなく「スマボ」?新しい乗り方でエントリー層に訴求
試せる粒の並べ方は4096パターン!?「ダースの日」にちなんだキャンペーン
可愛いだけじゃない?デザインに隠されたデジタル施策
全国からスゴ技を持つ高校生、「帰宅部のエース」が集う!
サイトに突如現れた「ヤバイのが来た」のフレーズの真意とは
LUXと初音ミクがコラボ!ブランドイメージを覆すCM
伝統と先進が混在した「ニッポン」をCROWNで演出
あの絵本の世界にハインツケチャップが!?
仲間を超えた輪でつながろう!シェアでつながるハロウィンキャンペーン
ARで映し出される動物たちが奏でる「ひとゆるみオーケストラ」でホッと一息
「完コピームービー」が伝える「爽快感」 ブランド体験で消費者の心をつかむ!

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する