広告マーケティングの専門メディア

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本

参加者の心に響く体験型イベントの事例

参加者の心に響けば、自社のファンをつくることもできる。優れた体験型イベントの事例を紹介します。

case 01 日本コカ·コーラ「リボンボトル」

日本コカ·コーラは2016年11月7日からウィンターキャンペーン2016を「オドロキを贈ろう」と称して開始した。リアルな世界でちょっと特別なコカ·コーラとSNSでメッセージを送り、そして受け手はその嬉しさ、幸せの瞬間をSNSに記録する。その先で沢山の幸せが投稿されて集まる。幸せが円環しているキャンペーンだ。

身近なコカ·コーラのラベルがリボンになることにより、特別なコカ·コーラとしてさまざまな幸せを生んだ。気軽なアイテムとして、いろんな楽しみ方を見つけことのできる良い事例である。
(リサーチ・アンド・ディベロプメント 堀 好伸氏)

case 02 ヤッホーブルーイングのファンイベント

クラフトビール業界を牽引するヤッホーブルーイングの取り組みは注目できる。ヤッホーブルーイングは買い手(ファン)とビールを通じてさまざまな体感を共有している。よなよなエールの超宴のチケットが発売と同時にほぼ完売するほど人気があることは有名だが、SNS上で飲み会を展開するなど ...

あと71%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本の記事一覧

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する