広告マーケティングの専門メディア

マーケターのキャリアデザイン

マーケター「私のキャリアデザイン」:中川政七商店・緒方恵さんの場合

緒方恵(中川政七商店 執行役員)

専門スキルを磨き、マーケターとしての実績を積んだ先には、どんなキャリアの可能性が広がっているのでしょうか?また、活躍の場を広げるために必要なこととは?複数企業でマーケティング領域の業務を経験した“プロマーケター”に、自身のキャリアの軌跡を振り返るとともに、キャリアに対する考え方を聞きました。

キャリア形成において重要なのは「人」

    [ 気になる、あのこと 一問一答 ]

    1.ご自身のスキルで最大の強みは?
    気になること・必要だと思うことを「まずはやってみる」という精神は長所かなとは思っています。

    2.転職を考えるきっかけとなったことは?
    ジョブローテーションで、Web・デジタルではない他部門への異動の内示が出たこと。そこで初めて、自分のキャリアを考え始めました。会社に不満は全くありませんでしたが、もう少しWeb・デジタル領域に携わりたいという思いと年齢を考え、転職することに。

    3.生涯、マーケターとして仕事がしたい?
    そもそも自分が「マーケター」なのかどうか、わかりませんが…(笑)。「企画を考えて、お客さまの声を聞いて、効果を検証して、改善を繰り返し、自社のサービスをより良くしていきお客さまとのつながりをさらに強くしたり、それらをもとに新しい市場を開拓しようとする」というようなことがマーケターの仕事だとすれば、答えは「はい」であり「いいえ」です。生涯という軸で話すと、自分が面白いなと思うことをし続けていたい、というのが回答です。

偶然出会った「デジタル」が強みになった

新卒で入社した東急ハンズに10年勤め、同社のデジタル化・オムニチャネル化を推進してきた緒方恵さん。2016年6月に …

あと78%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

マーケターのキャリアデザインの記事一覧

マーケターのキャリアデザインの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する