広告マーケティングの専門メディア

広告の中の人

テレビっ子な松岡茉優だからこそできる 一瞬で魅せる演技

松岡茉優

「宇宙人ジョーンズ」(サントリー)、「こども店長」(トヨタ自動車)など、人気のCMシリーズを数多く制作し続けているCM プランナーの福里真一さんと、実力派女優として数々のドラマや映画、CM、ひいてはバラエティ番組でも活躍が光る松岡茉優さん。そんな各所から引っ張りだこの二人が語る。

img01

松岡茉優(まつおか・まゆ)
1995 年2月16日、東京都生まれ。2008 年テレビ東京『おはスタ』でおはガールとして本格的デビュー。2012年映画『桐島、部活やめるってよ』、2013 年NHK連続テレビ小説『あまちゃん』などで注目される。2016年映画『猫なんかよんでもこない。』、『ちはやふる』において第8 回TAMA 映画賞で最優秀新進女優賞、第40 回山路ふみ子映画賞で新人女優賞を受賞。
2017年はケラリーノ・サンドロヴィッチ作・演出の舞台『陥没』(Bunkamuraシアターコクーン他)に出演が決定している。

衣装:トップス、スカート/ YASUTOSHI EZUMI スタイリスト/池田未来ヘアメイク/田中宏昌(アルール) カメラマン/杉能信介

足立:福里さんは「宇宙人ジョーンズ」や「こども店長」など、インパクトのある作品をたくさんつくられていますが、企画はどう考えてつくっているのでしょうか。

福里:まず、広告する商品やブランドと、人の暮らしとのかかわり方から考えるタイプです。それって結局は、「商品が生まれた意味を考える」ことにつながるんですよね。どんな商品も何らか人の生活にポジティブな影響を与えるために生まれてくると思うので、そこを描くのが、一番本質的というか、世の中の人が受け入れやすいCMになる可能性があると思っています。

私のつくるCMって、見たこともないような斬新な映像になっているものってほぼないと思うのですが、それは「この商品があることで、人の暮らしがどう変わっていくのか」を日常の中で描いていくから。その分、CMを見てくれた人に親近感を持ってもらいやすい内容にはなっているかと思います。

足立:確かに、福里さんのCMには必ず人がでてきますよね。

福里:人が出てこない、スタイリッシュでかっこいい映像とかって、どうやって思いつけばいいのかわからない。『斬新なクリエイティブをつくるぞ!』という感じではないんですよね。だから、若手のクリエイターたちにまったく憧れてもらえない(笑)。基本的にバカにされてます。

足立:そんなことはないですよ(笑)。ちなみにアイデアはどこから湧いてくるのでしょうか。

福里:“自然に”というのは、結構大事にしています。強引に面白くしようとひねった企画では、消費者の人たちがそのCMを受け入れづらくなるように思うので ...

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告の中の人 の記事一覧

テレビっ子な松岡茉優だからこそできる 一瞬で魅せる演技(この記事です)
憂いと瑞々しさを合わせ持つ織田梨沙 目指すのは「化けられる人」
清水富美加の人を惹きつける演技の裏にあるロジック
土屋アンナ、「女優の仕事はアート」 自分の引き出しで人を魅了する
舞台やドラマに引っ張りだこ-岸井ゆきのと語る「これから」
みずみずしく輝く15歳 八木莉可子の魅力とは

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する