広告マーケティングの専門メディア

Pick Up!(PR)

クリエイティブ力向上は、NYフェスティバルで目指せる

ニューヨークフェスティバル

数多くの国際広告賞の中でも、歴史あるアワードのひとつとして知られる「ニューヨークフェスティバル(NYF)」。同賞は、真のトップクリエイティブを賞賛し、広告クリエイティブ領域の活性化・健全な成長を後押しすることを目的としており、そのために、透明性の高い審査システムの整備や、クリエイティブ人材を育成するプログラムの設置などに力を入れている。来日中のNYFトップ、マイケル・ルーク氏に話を聞いた。

来日した、ニューヨークフェスティバルPresidentのMichael O’Rourke氏。

─NYFはどのようなアワードですか。

設立は1957年で、クリエイティブを称賛する国際的プラットフォームの中でも伝統と歴史があるものだ。我々は真の『クリエイティブの王者』を見極めるべく、この業界の専門家が知見を持ち寄り、議論する環境を整備することに注力してきた。革新的で新鮮な作品が評価されれば、クライアントもそうしたアイデアに対してオープンになる。革新的な提案をするエージェンシーを信頼するようになるし、そうすればエージェンシー側も自信を持って新しいアイデアを提案できるようになるだろう。ビッグアイデアやフレッシュなアイデアに光を当てることは、エージェンシーにもクライアントにもメリットをもたらすことにつながるのだ。

─NYFは透明性の高い審査システムが特徴だそうですね。

私たちの審査システムは2つの方法で構成される。ひとつは「グランド・ジャッジ」。約400人の審査員がカテゴリー毎に作品をオンライン上で審査し、ショートリストまで選出する。昨年の審査員の出身国は48カ国におよび、NYFの国際性を担保している。2つ目は「エグゼクティブ・ジャッジ」。世界のチーフ・クリエイティブ・オフィサー20余人が一堂に会し、ショートリストから受賞作品を選出するもので、全カテゴリー横断で行われる。つまり、すべてのカテゴリーを同じ審査員が評価するということだ。さらに、全作品を「Concept Idea(アイデア)」「Brand Relevancy(ブランド)」「Production Execution(アウトプット)」という3つの共通基準で評価する点も、他のアワードにない特徴と言えるだろう。

─審査結果をエントリー企業にフィードバックする仕組みがあると聞きました。

国際広告賞に参加しても、ほとんどの場合、「受賞したかどうか」という結果でしか作品を評価することができない。審査のデータを提供することで、彼らは自身の作品をさまざまな角度から評価し、次につなげることができる。データを元に「何が良くて、何が悪かったのか」をエージェンシーとクライアントとで理解し、改善の余地がどこにあるのかを考察するためのリソースとして活用できるのだ。

─クリエイティブ人材の育成にも取り組んでいるそうですね。

世界各地の大学と、教育ネットワークおよびメディアパートナーシップを構築している。大学と提携して設立したメディアセンターでは、NYFの最新の受賞作品をすべて閲覧できるようにしており、学生はそこからインスピレーションを受けることができる。年に2~4回の頻度でトークイベントも開催しており、業界のプロフェッショナルを招いて学生に向けて講演を行っている。また、若いクリエイティブ人材のためのコンペティションの場を設けている。「自分たちの活動の認知を高めたいが、予算が潤沢でなく、大手エージェンシーに発注するのは難しい」というNPOと提携し、学生にその提案の機会を開放するものだ。

─日本のエージェンシーにメッセージを。

クリエイティブを評価する、グローバル視点の基準や、世界のクリエイティブが目指す方向性を知ることは非常に重要だ。ニューヨークは世界で最も国際的な都市であり、そこを拠点とするNYFは、世界で最も国際的なアワードであると自負している。優れたアイデアに光を当てることは、広告界に刺激を与え、広告主企業を教育し、既存の枠組みを取り払って革新的なアイデアを受け入れる土壌をつくることにつながる。優れた「ラーニングツール」として、NYFをぜひ活用して欲しい。

    ニューヨークフェスティバル
    エントリー期限:2017年1月31日
    ※応募は2016年1月1日~2017年5月に公開される広告に限る
    ※詳細はホームページより http://advertising.newyorkfestivals.com/

Pick Up!(PR) の記事一覧

タクシー内にタブレット端末で、接点をつくる
デジタルとアナログの融合で高まる顧客エンゲージメント
クリエイティブ力向上は、NYフェスティバルで目指せる(この記事です)
「消費者との新たな関係構築から探るデジタル時代のブランドイメージ醸成」
ブランド広告にダイレクト広告のノウハウを生かし一気通貫のマーケティング支援を行う
日本最大級のSNS拡散力で商品ムーブメントを「共創」し続ける
他社との差別化は「自社ブランドを語れる社員」の存在が鍵
ネット広告で購買検討層にアプローチ、ヤフーのデータで緻密なセグメントを実現
「SoftBank Ads Platform」誕生の舞台裏―アドテク業界の両雄がソフトバンクとタッグを組んだ理由
国内最大級ニュースアプリ「グノシー」の知られざる「5つの真実」に迫る!
ユーザーが語る 「DELISH KITCHEN」の魅力とは? 料理動画活用の本音を公開
買わない世代の行動原理―若者の行動の裏側にある新原則とは?
1億総活躍社会!女性ならではのクリエイティビティを引き出すには?
生活者の立場に立ち、生活者起点で考える「インテージフォーラム 2016」開催
ムーブメントの仕掛け人たちに学ぶ「ブランド価値を高めるモバイル動画戦略」
消費者のインサイトを捉え 最適な消費者へ広告を届けることが重要
データ活用で進化する、ダイレクトメールの今
デジタルトランスフォーメーションの最先端事例が集結!ー「I・CON 2016」
デジタルマーケティングは「目的」ではない 求める成果を得るために必要な3つの要素とは?
購入意向1.5倍、商品好感度2.3倍のスマホ料理動画とは
既存商品の「新しい使い道」を動画で提供 定番商品を、新たなユーザーと結びつけた!
出荷が絶好調な売れ行き! YouTuber 起用 「ふ~せんの実ガム」キャンペーンの舞台裏
デジタル時代に愛されるブランドづくりは、消費者との良好な関係構築から始まる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する