広告マーケティングの専門メディア

           

時代を拓く45社のブランド構想

メーカー発のサービス開発に挑む

サンスターグループ

2016年4月に発売になった、サンスターの“スマートハブラシ”「G・U・M PLAY(ガムプレイ)」は、オーラルケアにIoTを組み込んだ新機軸の商品だ。モノづくり企業としての資産を活かしつつ、新しいブランド体験づくりを担ってきた、同社・マーケティング部の松富信治氏は、この事業の先に何を見据えているのか。

オーラルケアカンパニー 日本ブロック マーケティング部 プロダクトマネジメントグループ 松富信治氏(まつどみ・のぶはる)
2005年立命館アジア太平洋大学卒業後、サンスターに入社。リテール営業部を経て、2010年にオーラルケアマーケティング部に異動し、製品開発、マーケティング戦略の立案を担当。"スマートハブラシ「"G・U・M PLAY(ガムプレイ)」では、プロジェクトリーダーとして、企画開発および事業開発全般を推進。

デジタルの体験でメーカーの課題を解決する

2016年4月18日に発売になった、サンスターの"スマートハブラシ"「G・U・M PLAY(ガムプレイ)」は、当初計画の1.5倍の売上を記録するなど、好調さを維持している。ハブラシのハンドル部分に小型アタッチメントを取り付けるだけで、歯みがき動作がスマートフォンに伝送され、専用のアプリと連動させることで新しい歯みがき体験を提供してくれるという、ガムプレイ。ユーザーは自分が歯みがきにかけた時間や、みがき具合などをデータ化した形で確認することができるほか、モンスターと戦うゲームになる機能もついているので、子どもの歯磨き習慣の定着化も期待できる。

「G・U・M PLAY」の小型アタッチメントには、加速度センサーとBluetooth無線機能が搭載されており、歯みがき動作がリアルタイムにスマートフォンに伝送される。

ガムプレイのプロジェクトを進めてきたのは、サンスターでオーラルケアブランドのマーケティングを担当する松富信治氏だ。コモディティ化が進む市場環境の中で、どうすれば「G・U・M(ガム)」ブランドならではの価値が伝えられるか、模索する中でデジタル基点のコミュニケーションのアイデアに行き着いた。松富氏がデジタル活用の新しいブランド体験づくりを目指そうとした矢先 ...

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

お得なセットプランへの申込みはこちら

時代を拓く45社のブランド構想 の記事一覧

編集部が注目する次世代のデジタルマーケター36人(1)
スタバが始めた、WEBメディアのビジネスモデルを変える挑戦
約30名の社内クリエイターがデジタルも店舗も全てを制作
BtoCビジネスにとって、IoTとは?
VRが実現する、「空間の共有」という新しいコミュニケーション
若手クリエイターに提案の場―ドコモが始めた、刺さるアイデアを生み出し続ける取り組みとは?
トヨタ、オープンイノベーションプログラムの狙いとは?
IT活用歴は15年目へ―顧客思いの回転寿司、その進化は止まらない
搭乗前・搭乗中・搭乗後...カスタマージャーニー全体で顧客体験の質を向上する
何が最適かを決めるのは、企業ではなくお客さま
メーカー発のサービス開発に挑む(この記事です)
どうする?デジタルマーケターのキャリアデザインー4人の先駆者が徹底議論!
企業資産を生かしたワントゥワンのブランド体験
デジタル空間における「宅急便」ブランドの存在感を高める
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する