広告マーケティングの専門メディア

広告ビジネスを変える!? ベンチャー企業の挑戦

データを扱える人材教育にビジネスの商機見出す

創業当時のオフィスの風景。

記事情報の収集アプリが企業向け「データ収集」サービスに

「デジタルデバイスの浸透で、莫大な情報データを日常的に扱うようになったが、目的に応じて『100パーセント自動で処理・分析する』時代にはまだ到達していない。過渡期の今こそ必要なのは、解析ツールの提供だけではなく、データを扱える人材の教育や、社内ノウハウが蓄積される仕組みづくりだと考えている」と、話すのは白ヤギコーポレーション・代表取締役の渡辺賢智氏。

白ヤギコーポレ―ションは、生活者向けの記事情報キュレーションアプリ「カメリオ」の開発・提供を軸に事業をスタート。しかし現在では、「カメリオ」に加え、アプリに用いられているシステムを利用した企業向けのWeb API「カメリオAPI」、さらに案件ごとに企業の分析チームに入り、分析ノウハウやデータの取り扱いについて教育・トレーニングを行いながらサポートする「白ヤギアナリティクス」と、サービスの対象者と内容を拡大している。

こうしたサービス展開の背景には …

あと82%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告ビジネスを変える!? ベンチャー企業の挑戦 の記事一覧

データを扱える人材教育にビジネスの商機見出す(この記事です)
ビーコンをシェアする仕組で、新しいインフラをつくる
ディープラーニングを核にIoT、ビッグデータ、人工知能でイノベーション目指す
インバウンド向けプロモーション施策をサポート
AIをマーケティングに生かす
無意識の行動から読み取る「感情」で、販売促進を最適化

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する