広告マーケティングの専門メディア

私の広告観

CM、テレビドラマ、映画での音楽は黒子。でも一言はものを言う。―作曲家・服部隆之

作曲家 服部隆之

テレビドラマ「華麗なる一族」「HERO」「半沢直樹」「下町ロケット」、NHK大河ドラマ「真田丸」、これらヒットドラマの作編曲を手掛けたのが作曲家の服部隆之さんだ。そのほか映画、アニメ、ミュージカル、ゲーム音楽、CM音楽、編曲、アーティストへの楽曲提供まで幅広く活躍する、今旬で成熟した音楽家の一人である。

服部隆之(はっとり・たかゆき)
作曲家。祖父は服部良一、父は服部克久。成蹊高校2年次に中退し、パリ国立高等音楽院に入学。1988年に帰国後、音楽活動を始める。アーティストの楽曲、編曲、映画、テレビドラマ、CM、ゲームの映像音楽を中心に頭角を現す。日本アカデミー賞優秀音楽賞を3作品で受賞.2010年上海国際博覧会「日本館」の音楽監督。今年は大河ドラマ「真田丸」の楽曲を手がけている。

祖父と父の歩んだ道へ中3で作曲家を志望

楽曲を手がけた「真田丸」の譜面(左)と、服部さんの仕事の様子(右)。

服部隆之さんは、1965年11月生まれ、現在50歳。祖父は和製ポップス界に大きな足跡を残した作曲家・服部良一氏、父は、テレビ創成期より幅広い活躍を続けている作曲家の服部克久氏という「華麗なる」音楽一族に生まれ育った。

ただ、幼い頃から祖父や父親が音楽の教育を強制的に習わせるということはなかったと言う。ピアノは小学4年生から習っていたが、男の子でも服部さんの年代では、ピアノを情操教育の一環として習わせることは珍しいことでも特殊なことでもなかった。

「強制感は全くないのだけれど、何となく音楽に接する環境下にシレッと置かれていましたね(笑)、上手くプロデュースされていた。実はそれほどピアノが好きではなかったのですが、父はそれを全然気にしなかった。ただし私が音楽を嫌いになることだけは、絶対に嫌だったみたいで、音楽を嫌いにならないように音楽に馴染ませる、そのやり方が父は上手でしたね」。

中学に進学してからは …

あと82%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

私の広告観の記事一覧

私の広告観の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する