広告マーケティングの専門メディア

           

EDITOR'S PICK キャンペーン

ARで映し出される動物たちが奏でる「ひとゆるみオーケストラ」でホッと一息

江崎グリコ「『スマホでとび出す ひとゆるみオーケストラ』キャンペーン」

オリジナルアプリを開発 スマホをかざすと音楽が流れる

スマートフォンをパッケージにかざすと、動物たちが飛び出してくる。

江崎グリコは現在、「スマホでとび出す ひとゆるみオーケストラ」キャンペーンを実施している。

キャンペーンは、秋限定商品「カフェオーレ カフェマロン」を含む、カフェオーレシリーズ4商品が対象。同社が配信しているスマートフォン向け専用アプリ「カフェオーレ」で対象の商品パッケージを読み込むと、AR技術を活用して映し出される動物たちが、音楽を奏でるというもの。読み込んだ商品によって登場する動物と、流れる楽器の音色が変わる仕掛けが特長だ。iPhone、Androidに対応している。

さらに、異なる種類の商品パッケージを複数同時に読み取ると、最大4種類の音色が重奏し、オーケストラとしてより盛り上がるコンテンツとなっている。例えば「カフェオーレ」を読み取ると、キツネが登場してバイオリンを、「カフェオーレほんのりBitter」はクマがホルンを、「カフェオーレCreamy」ではウサギがフルートを、秋限定商品「カフェオーレカフェマロン」はリスとサルが、マリンバとシンバルを奏でるといった具合だ。流れる音楽はヨハン・パッヘルベル作曲の「カノン」。疲れたときにホッと『ひとゆるみ』できるメロディーと演奏になるよう演出した。

キーメッセージを軸に新規ファン獲得を目指す

今年で37年目を迎える「カフェオーレ」は、「3時の、ひとゆるみ。」をキーメッセージとして、プロモーションを展開している。今回の「ひとゆるみオーケストラ」キャンペーンは、そのプロモーションの一環だ。このほかにも …

あと68%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

EDITOR'S PICK キャンペーンの記事一覧

EDITOR'S PICK キャンペーンの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する