広告マーケティングの専門メディア

           

著者インタビュー

「マーケティング偏重」の経営に警鐘を鳴らすイノベーション実践の入門書

ボブ田中

まだ、マーケティングですか?
破壊的イノベーションが会社を変える

● 編著/ボブ田中​
● 発行所/日本能率協会マネジメントセンター​
● 価格/1500円(税抜)

本書では、日本企業がイノベーションを生み出せない理由を「マーケティング偏重の経営戦略」にあると分析している。その上で、デザイン思考をベースとした具体的な実践論を、初心者でも分かるように解説している。

執筆に至った経緯について、著者のボブ田中氏は「モノづくりの技術革新で世界をリードしてきた日本企業が、近年はAppleやGoogleのような新しい付加価値を生み出すことができなくなり、苦戦しています。今後、モノのコモディティ化がさらに進むと予想される中、再び日本企業が元気になるために必要なイノベーションはどのようにしたら起こせるのか、その背景と方法論を、多くの人に分かりやすく伝えたいと思いました」と話す。

全体は次の3つのパートで構成される。
(1)小説:イノベーションを生み出そうと奮闘するメガネメーカーの若手5人が、試行錯誤の末にコンビニ商品を開発した、ちょっと感動的なストーリー
(2)解説:小説内のイノベーションを起こす行動の背景と方法論を、分かりやすく解説
(3)応用課題:簡単な課題を解くことで …

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

著者インタビュー の記事一覧

「マーケティング偏重」の経営に警鐘を鳴らすイノベーション実践の入門書(この記事です)
企業の問題解決法としての「デザイン」をIBMの事例を通じて概観する一冊
日本の観光現場の現実に即した、新たな地域ブランド創出を指南
炎上は「宿命」ではなく「解決すべき問題」、事象の定量分析に基づく解決策を提示
情報抽出・解析が価値の源泉 データ活用の最新実例を紹介

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する