広告マーケティングの専門メディア

           

人工知能、広告界と予測。

人工知能の活用が興味喚起につながった 固定概念を覆すのが最大の魅力

加藤麻里子(モンデリーズ・ジャパン)

「クロレッツミントタブ」の初ブランドリニューアルを皮切りに、立て続けに人工知能を活用したキャンペーンを行っている、モンデリーズ・ジャパン。同ブランドのブランドマネージャー加藤麻里子氏に、その狙いと手応えを聞いた。

キャンペーン第1弾。クリエイターと人工知能のCM制作対決が行われた。

「クロレッツ」ブランドをイノベーティブに訴求

「クロレッツミントタブ」は、錠菓市場の右肩成長を牽引してきたブランド。今年はさらに認知を広め、市場拡大を目指して、発売後初めてのリニューアルを4月に実施した。ブランドのコンセプトである「速攻お口スッキリ10分長続き」をより強化すべく、製品の改善と、パッケージを一新。さらにミントタブリニューアルを含む2つのキャンペーンで人工知能を活用した。

加藤さんは人工知能に着目した理由を次のように語る。「クロレッツは、スッキリというキーワードと同時に、イノベーションというワードを重視しています。常に革新的なブランドでありたいと考えており、イノベーションをどう表現できるか、具体的な実行にどう落とし込めるかは、広告制作でもプロモーション企画でも重要なポイントです。また、どんどん新しいチャレンジをする、既存の概念にとらわれず …

あと78%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

人工知能、広告界と予測。の記事一覧

人工知能、広告界と予測。の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する