広告マーケティングの専門メディア

宣伝会議賞

言葉の頂点を決める、歴史ある賞その象徴となるロゴマークに言葉への敬意・憧れを込めた

野老朝雄(デザイナー、アーティスト)

今年、宣伝会議賞は新しいロゴマークを策定しました。手がけたのは、2020年東京五輪の公式エンブレムを制作した、デザイナー/アーティストの野老朝雄氏。エンブレム決定後、野老氏が初めて制作した今回のロゴ。そこに込めた思いや制作エピソードを聞きました。

宣伝会議賞のロゴ制作を引き受けてくださった理由を聞かせてください。

私は建築出身ということもあり、広告界のことをあまり知りません。宣伝会議賞も、今回お話をいただいて知りました。今年で54回を迎えるとのことで、「そんなに続いているのか」と驚きましたね。宣伝会議賞は、半世紀以上続いてきたコンペティションで、もはや100回目が視野に入る段階にまできている。脈々と続いてきた、また今後も続いていく歴史ある賞に、こういう形で関われるのは嬉しい。光栄に思い、取り組みました。

多くのつくり手が望んでいることかもしれませんが、私には「自分がつくった図形が、できる限り長く使われてほしい」という願望があります。私がデザインを考えるときの一つの基準として …

あと85%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝会議賞 の記事一覧

第54回宣伝会議賞 作品募集開始!
アットホーム×受賞者対談-受賞コピーが生まれるまでと、その先に得たもの
今年も「大学生チーム対抗企画」の実施が決定しました!
クリエイティブとは、遊び心。面白いものをつくれるのは、欲が強い人。
言葉の頂点を決める、歴史ある賞その象徴となるロゴマークに言葉への敬意・憧れを込めた(この記事です)
「中高生部門」を新設しました!
一流のコピーライターたちは「宣伝会議賞」をどう見たのか【後編】
一流のコピーライターたちは「宣伝会議賞」をどう見たのか【前半】
宣伝会議賞、シルバー受賞者のコメント
宣伝会議賞、コピーゴールド・CMゴールド・眞木準賞の受賞コメント
宣伝会議賞グランプリ受賞者のお笑い芸人に直撃
写真で振り返る、宣伝会議賞レポート

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する