広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

NHK 8K 試験放送開始 リオ五輪をパブリックビューイング

明石庸司

NHKは8月1日、4K・8K試験放送「NHKスーパーハイビジョン」をスタート。日本時間6日に開催されたリオデジャネイロオリンピック開幕以降は、東京・大阪の計6カ所でパスビックビューイングを行っており、開会式を始め柔道や陸上など一部競技を生中継している。8Kの放送は世界初の試みだ。

2020年の本格普及を目指す
8K放送で立体的な臨場感を演出

「放送史の新たなページが始まった」「オリンピック開催の機会に多くの皆さんに8Kならではの臨場感あふれる映像と音声を実感していただきたい」─。1日の放送開始にあたり、NHKの籾井勝人会長はこう述べた。

4K、8Kの「K」は1000の意味。4Kは水平方向に3840画素(=約4000)、8Kは7680画素(=約8000)あることから、それぞれ「4K」、「8K」と呼ばれている。4Kは現行ハイビジョンの4倍、8Kは同じく16倍、約3300万の画素数を持つ。映像と現実を見分けられないほどの高精度を誇るという。また、音響もハイビジョンと4Kの5.1chに対し、8Kは4倍以上の22.2chで立体的な臨場感を再現する。

試験放送は ...

あと71%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

IoT(Internet of Things)としてのポケモンGO
体験型イベントは体感するから成長する
「ポケモンGO」は、プロモーションの流れも変えるのか?
史上空前の渋谷ジャック展開
高まる読者応答部門の役割 新聞各社、顧客満足に注力
NHK 8K 試験放送開始 リオ五輪をパブリックビューイング(この記事です)
8月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト
7月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(2)
7月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(1)
選挙とIT-効率性と非効率性-
イベンターの、イベンターによる、イベンターのための夏フェス「BACKSTAGE 2016」開催
第14回JPMプランニング・ソリューション・アォード入賞作品決定
「デジタルサイネージ2020」に見るOOHメディア
ネットメディアへの記事配信は、デジタル収入の柱となるか
民法の五輪放送計画発表
JACEイベントアワードに見る、イベントの社会的な効果
日本の流通は見えがたいからこそ、SPに戦略視点が必要

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する