広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

8月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト

第32回「企業広報大賞」は三菱商事、「逃げない姿勢」が評価

経済広報センターは8月4日、優れた企業広報活動を実践している企業や経営者、企業広告の実務者を表彰する「企業広報賞」の受賞企業、受賞者を発表した。

第32回となる今年は、三菱商事が企業広報大賞を受賞。企業広報賞の選考基準は、「社会から期待され求められているものを見極め、それを経営に反映させるとともにステークホルダーに対し企業活動の的確な情報を発信・伝達し、社会に貢献している企業であること」。三菱商事は、厳しい局面でも、経営方針や事業内容を正確に伝える姿勢や、東日本大震災から5年が経った今でも、支援活動を継続していることが評価された。

また、企業広報経営者賞は、三越伊勢丹HDの代表取締役社長執行役員の大西洋氏、そして、りそなHD取締役兼代表執行役社長の東和浩氏が受賞した。大西氏の受賞理由として、百貨店業界の発信源として積極的なトップ広報を実施したことや、従業員の働く環境の改善が挙げられた。東氏については休日・夜間のサービス提供や印鑑レスで口座開設ができる店舗の新設など、先進的な「りそな」独自のサービスと差別化戦略を進めたことが評価された。

また、功労・奨励賞には、キリン執行役員CSV本部 コーポレートコミュニケーション部長の藤原哲也氏と、ローソン常務執行役員 コミュニケーション本部長兼CHO補佐の宮﨑純氏が揃って受賞した。

コーセー「Visee(ヴィセ)」の広告が「読者が選ぶ・講談社広告賞」を受賞

読者の投票により、もっとも心に響いた雑誌広告が選ばれる第38回「読者が選ぶ・講談社広告賞」の贈賞式が7月27日、東京・帝国ホテルで行われた。

本年度の「広告大賞」には、女性向けファッション雑誌『ViVi』5月号に掲載されたコーセー「Visee(ヴィセ)」の広告が受賞。コーセーは過去、第35回、36回でも女性誌部門大賞に選ばれている。コーセー執行役員・宣伝部長の北川一也氏は、「カメラマンなどプロスタッフの手配から、撮影現場の仕切りまで、すべて社内で行った。普段は代理店やプロダクションなどといつも競いながら …

あと52%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

IoT(Internet of Things)としてのポケモンGO
体験型イベントは体感するから成長する
「ポケモンGO」は、プロモーションの流れも変えるのか?
史上空前の渋谷ジャック展開
高まる読者応答部門の役割 新聞各社、顧客満足に注力
NHK 8K 試験放送開始 リオ五輪をパブリックビューイング
8月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(この記事です)
7月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(2)
7月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(1)
選挙とIT-効率性と非効率性-
イベンターの、イベンターによる、イベンターのための夏フェス「BACKSTAGE 2016」開催
第14回JPMプランニング・ソリューション・アォード入賞作品決定
「デジタルサイネージ2020」に見るOOHメディア
ネットメディアへの記事配信は、デジタル収入の柱となるか
民法の五輪放送計画発表
JACEイベントアワードに見る、イベントの社会的な効果
日本の流通は見えがたいからこそ、SPに戦略視点が必要

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する