広告マーケティングの専門メディア

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本

「デザインディレクション」の成功事例

ブランドのイメージや価値観を、ターゲットに正しく・効果的に伝えるデザインは、優れたディレクションによって実現します。見る人を揺さぶり、行動を促した事例を紹介します。

ガシー・レンカー・ジャパン
「プロアクティブ オンライン広告」

Facebookのタイムライン広告やネイティブアドで、CVR(コンバージョン率)が高くなっているクリエイティブです。こちらは、女性が商品を手持ちしていることがポイント。商品の質感やサイズ感などがわかりやすいことに加え、女性が持つことで、ターゲットにとって自分ごとにしやすくなっています。そこに、「60日間返金保障」のコピーでお試し感を煽り、さらに電動洗顔ブラシをプレゼントすると伝えることで購入を後押ししているというクリエイティブです。
(アクティブ 藤原尚也氏)

ガシー・レンカー・ジャパン
「プロアクティブ バナー広告」

プロアクティブのバナー広告です。多くの広告メディアで高いCVR(コンバージョン率)を記録している、“勝ちクリエイティブ”。商品画像とソーシャル・プルーフ(第三者の認定マークのこと)、USP(Unique Selling Propositionの略で、日本では「独自の強みを伝えるメッセージ」「他社との差別化が主張できる強み」と説明されている)の3つをしっかり訴求できています。また、価格表示はせず ...

あと71%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本の記事一覧

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する