広告マーケティングの専門メディア

研究室訪問

企業のブランド価値を高める―消費者の共感の構造を分析

金森 剛(相模女子大学 教授)


「リサーチ・デザイン ─経営知識創造の基本技術─」
田村正紀 著

企画書を通したいなら、根拠を示して論理的に説得すべき。本書には定量的・定性的データの揃え方と加工方法について、具体的かつ分かりやすく書いてある。ビジネスマンにお勧め。

どのようなストーリーが消費者の共感を醸成するのか

消費者はどのような条件が揃った時にブランドに共感し、ブランド価値が高まるのか。これは、企業が最も知りたいことのひとつではないだろうか。「マーケティング・サイエンス」という分野でこの研究に取り組むのは、相模女子大学の金森剛教授。最近は“ブランド・ストーリー”をテーマに研究している。

金森氏がこだわるのは、「企業活動の現場で使える研究」だ。徹底したリサーチを行い、データに基づいて結論を導きだす。このこだわりの原点は前職にある。野村総合研究所のリサーチャー&コンサルタントとして、24年間ほど企業のマーケティング戦略立案に取り組んできた。研究を行ううえでも、常に経営の視点を忘れないよう心がけている。

金森氏は「ブランドは大きく3つに分類できる」と言う。それは …

あと68%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

研究室訪問 の記事一覧

企業のブランド価値を高める―消費者の共感の構造を分析(この記事です)
マーケター経験を生かした研究で実務現場の「死角」に挑む
小売りのバイイング・パワーに消費財メーカーはいかに対応すべきか?
人とブランドとの関係を解明したい
グラフィクスで見える化 数学の楽しさを伝えたい
新たな視点を導くユーザーエクスペリエンスデザイン

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する