広告マーケティングの専門メディア

SXSW 2016 /シリコンヒルズ企業訪問レポート

変化するグローバル市場にどう対応していくべきか

Latin Works

ヒスパニックマーケットの成長

Latin Worksは、1998年にCEOのマニー・フロールス氏が設立した、ヒスパニックに特化したエージェンシーだ。現在、米国では、ヒスパニック市場に向けたマーケティングに熱い視線が集まっている。ヒスパニックとは、スペイン語を母国語とする中南米やカリブ地域からの米国への移住者のこと。1960年代よりヒスパニック人口は拡大を続け、現在は米国の総人口の17%を占め、2060年には30.6%を占めることになると言われている。

Latin Worksは2014年の米広告誌『Ad Age』が選ぶ注目のエージェンシーに選出。ヒスパニックにとどまらずマルチカルチャー(多文化主義)やダイバーシティを標榜する同社は、2014年実績で昨対比32%利益を伸ばしており …

あと73%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する