広告マーケティングの専門メディア

EDITOR'S PICK キャンペーン

エンタテインメントを楽しむ、プレステのブランドキャンペーン

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア

キャンペーングラフィック。

プレイステーションならではのエンタテインメントを追求

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、2015年9月より「できないことが、できるって、最高だ。」をテーマに、国内向けに「プレイステーション4」(PS4)のゲームの魅力や、新たな可能性を発信する長期的なブランドキャンペーンを展開している。

このキャンペーンの一環として、3月29日~4月10日の約2週間、イベント「みんなでできる!ファミリーパーク」を東京・銀座の銀座ソニービルで開催。ターゲットは、春休み期間中の親子だ。人気ゲームの9タイトルをプレイできるコーナーのほか、巨大な特設ビジョンの前で必殺技のポーズをとることで、「ONE PIECE」や「NARUTO」、「ドラゴンボール」のヒーローたちの技が再現され、自分自身がヒーローになれる体験ブースなど、「プレイステーションの可能性を体感する」ことをコンセプトとした多様な企画が展開された。

「『プレイステーション』だからこそ実現できる究極のエンタテインメントを楽しんでいただきたいと思い企画しました。『スター・ウォーズ』や『進撃の巨人』の世界に入り込んだり、『ウイニングイレブン』で最強の選手やチームを育成したり…。現実にはできないことも、プレイステーションでなら実現できることがたくさんあります。映画や小説など、エンタテインメントコンテンツにはさまざまなものがありますが、そうしたゲームならではの価値を、長期に渡ってメッセージしていきます。キャンペーンターゲットは、現在、据置型ゲームをやっていないすべての人。過去に遊んだことがある人はもちろん、幼い頃からスマホやポータブルゲーム機は身近にあったが、まだ据置型ゲームの魅力を知らない新規ユーザーにもPS4の魅力や価値をお伝えしたいと考えています」と同社 マーケティングコミュニケーション部の須貝正剛氏は話す。

PS4の勢いを追い風にゲームの価値をアピールしていく

同社が、プレイステーションのブランドキャンペーンを日本国内で実施するのは今回が3回目。最初は、1994年に発売された初代「プレイステーション」(PS)の時代。人気ゲームのキャラクターが登場する、「よい子とよいおとなの。プレイステーション」をテーマとしたキャンペーンを展開した。時間を決めて遊ぶこと、遊んだ後はきちんと片づけることなど、保護者の方にも賛同してもらえるゲームとの向き合い方を提案したいという思いがあった。

2度目は、「プレイステーション3」(PS3)の時代。ユーザーがゲームで遊んでいるときの表情「playface」を撮影するイベント「playface 撮影キャラバン」を東京・大阪エリアで実施し、「心を動かす感動を与える」というプレイステーションの価値を訴求した。

3回目となる今回のキャンペーンは、PS4の販売が好調に推移していることを背景に実施されたものだ。「PS、プレイステーション2(PS2)、PS3と比較し、PS4の全世界における普及スピードは最速。国内有力メーカーが …

あと44%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

EDITOR'S PICK キャンペーン の記事一覧

エンタテインメントを楽しむ、プレステのブランドキャンペーン(この記事です)
日本中をスッキリさせたい!クロレッツの応援歌キャンペーン
熱中していたあの頃を思い出させる!「ウイニングイレブン」の周年キャンペーン
ラグビーボールが広告から飛んできた!?渋谷にアンビエント広告が出現
世界的ブランド「ルイ・ヴィトン」がモデルに起用したのはゲームキャラ!?
攻めと守りのプロモーション!「亀田の柿の種」発売50周年
バレンタインにサプライズを!GODIVAのキャンペーンが始動
Webで商品が売れることを証明「日清のどん兵衛」の挑戦
自分の名前からグリーンを見つけよう!ロングセラー商品のデジタル施策
キャンペーン初のWヒロイン 定番企画をマンネリ化させない仕掛け
ハンバーガー競争時代に突入!他との違いを実感させるバーガーキングのキャンペーン
15周年記念に実施「アマゾンボックスコンテスト」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する