広告マーケティングの専門メディア

AdverTimes DAYS 2016

マーケティングから経営にイノベーションを

サントリー食品インターナショナル × 帝人

コモディティ化した市場環境の中で、技術革新によるイノベーションだけでなく、「お客さまにとっての価値」という、マーケティング視点でのイノベーションが強く求められている。BtoB、BtoCと事業モデルは異なるものの、マーケティング視点のイノベーションでそれぞれの業界を牽引しているリーダー企業2社に、マーケティング視点の、あるいはマーケティング部門発のイノベーションを起こす取り組み・考え方について聞いた。

サントリー食品 インターナショナル
執行役員 マーケティング&イノベーション担当 兼 食品事業本部副本部長
北川廣一氏

帝人
専務執行役員 新事業推進本部長 兼 マーケティング最高責任者
荒尾健太郎氏

事業別の組織に横串を刺し価値創出に寄与する

―お二人は、社内でどのような役割を担っているのでしょうか。

北川▶ サントリーの食品事業本部は、二つの事業部で構成されます。「伊右衛門 特茶」「GREEN DA・KA・RA(グリーン ダ・カ・ラ)」など健康系の商品を開発する「ブランド開発第1事業部」と、「なっちゃん!」「BOSS」といった嗜好系の商品を開発する「ブランド開発第2事業部」。私は、「コミュニケーションデザイン」と「イノベーション」という視点で両部門に横串を刺し …

あと81%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する