広告マーケティングの専門メディア

AdverTimes DAYS 2016

ブレイクスルーを生むクリエイティブチームの在り方

花王×三越伊勢丹ホールディングス

コミュニケーションが多様化するにつれ、クリエイティブチームも多様な人材が関わるようになっている。またブランドの重要性がさらに強まるにあたり、共にブランドを築くような、よりパートナーシップの強い関係性や、社内のクリエイティブチームにも注目が集まっている。これからのクリエイティブにおける、チームの姿とは?社内・社外の関係性を超えた、より良いクリエイティブを生み出す新しいチームのあり方を考える。

三越伊勢丹ホールディングス 執行役員 営業本部 マーケティング戦略部長 早川 徹氏

花王 作成部門 統括 多治見 豊

“生活者都合”でクリエイティブチームをつくる

―コミュニケーションにおいて良いクリエイティブを生み出すためには、チームのあり方が非常に大切だと感じます。どのような組織体制をとられているのか聞かせてください。

早川▶ 当社は全国キャンペーンを年間10回ほど行いますが、そこでは部署を超えた横断的なプロジェクトチームを編成します。企業姿勢として大切な「顧客基点」とは、「お客さまの目に、どう映っているのか?」ということ。だからこそ、セクショナリズムに陥らない組織づくりをしています。

多治見▶ 花王ではかつて、プロデュースと広告デザインは別会社で行っていました。ですが …

あと80%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する