広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

可視化した情報が実感しやすい場所でサイネージを活用

オリコム 吉田勝広(デジタルサイネージコンソーシアム理事)

風を感じる駅のホームで花粉情報を訴求

3月14日から1週間、ヤフーは都営大江戸線六本木駅のデジタルサイネージを使って自社サービス上で提供するコンテンツをほぼリアルタイムに放映する実証実験を行った。中でも「リアルタイム・ハクション・サイネージ」という4面のサイネージを使った展開はユニークで楽しいものだった。モデルの川口カノンさんとお笑いタレントの芋洗坂係長さんが、桜の花びらが落ちている中で踊っている映像が流れている。画面には隅田公園や六本木ヒルズなどのお花見スポットの「Yahoo!地図の桜の開花情報」も表示してある。そこに電車がホームに進入すると、あたかもその風に呼応するかのように画面の中で猛烈な風が吹いて、花びらや帽子が吹き飛び花粉が舞い、二人は大きなクシャミを連発した。その後何とも情けない顔のまま画面が止まった(写真1)。

写真1 電車が来ると花粉が舞いクシャミをするヤフーの「リアルタイム・ハクション・サイネージ」。

 

開花情報の表示も「開花より花粉が気になるあなたに。」と変わり、「Yahoo!天気・災害の花粉情報」になるという仕掛けだった。芋洗坂係長さんの映像を見ていた外国人グループたちは、くしゃみをした瞬間のオーバーアクションと表情に大爆笑となり、大ウケだった。川口さんもモデルとは思えない変顔をするその落差に笑えた。制作者によると、この二人を採用した理由は、「迫力あるくしゃみのリアクションと変顔が最高によかったから。六本木駅のサイネージは音が出ないので、映像のインパクトが重要だと思った」とのこと。その思いは届いていると言えそうだ。

電車の到着メロディの周波数パターンをセンサーで読み取り、風が吹く映像のタイミングを合わせていたそうだが ...

あと52%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

「○○元年」で終わってしまう技術、技術マーケティングの「壁」とは
お花見は観光資源として活用できるか 誰もが楽しめるユニバーサルイベント
プロモーション業務は多様なツールの複合受注へと向かう
可視化した情報が実感しやすい場所でサイネージを活用(この記事です)
新聞ニュースダイジェスト 東日本大震災、被災地の今を伝える工夫
ますます膨らむNHK予算、初の7000億円超
3月注目のニュースは?広告界ニュースダイジェスト
FacebookやGoogleなども参入、MWC’16から見たVR市場の展望
ビジネスイベントのトレンドに攻めのサステナビリティが立候補
プロモーションへの期待は失せてしまったのか?
特殊印刷技術をカギにしたOOHプロモーションとは
3月の新聞関連ニュースダイジェスト
テレビ視聴減少、ネット利用拡大。NHK国民生活時間調査2015から
2月の注目ニュースは?広告界トピックス
ディズニーの動画配信サイト「Disney Life」の可能性
ユニバーサルイベントの成功がユニバーサルな社会づくりに貢献する

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する