広告マーケティングの専門メディア

宣伝会議賞

一流のコピーライターたちは「宣伝会議賞」をどう見たのか【前半】

二次審査から四次審査、そして贈賞式当日に行われた最終審査を担当したのは、広告界を代表するクリエイターの皆さん。審査を通じてどんなことを感じたのか。またお気に入りの作品は?15名の最終審査員に、第53回宣伝会議賞について講評をいただきました。

審査委員長
ナカハタ 仲畑貴志

今年の審査は、比較的スムーズに進行した。特筆すべき点は、アットホームの「通勤時間が20分短くなると、年収30%UPと同じだけ幸福度があがる。という調査結果があります。つまり、あなたの年収が500万円なら150万円もらえるようなものです。」というコピー。商品が語るべき内容を持っていれば、そのことをわかりやすく伝える。余計な飾りは、かえって訴求力を鈍くする。やはり、商品の持つ訴求ポイントの研究が大事なんだね。

ハッケヨイ制作所  東 秀紀

コピーゴールドの作品は、なんだか久し振りに、レトリックなコピーではなく、事実の強さのコピーを見たような気がしています。今すぐにでも、実際に機能するコピーだと思いました。それから、ある意味で同じ理由なのかもしれませんが、シルバーの「模型にも、本物にも。」や、協賛企業賞の「早く何か壊れないかな。」をはじめ、セメダインのコピーにいいものがわりとあったような印象があります。にしても、これだけの数の中で受賞するのは大変なこと。もっと賞金が多くてもいいのかもね。

一倉広告制作所 一倉 宏

よくある日常からの、みごとな飛躍と着地。グランプリへの評価は、それに尽きると思う。コピーゴールドは、異例に長いものが選ばれた。長いけど冗長と思わせない、クールさが手柄かな。CMゴールドは、演出次第で名CMになる可能性を感じた。映画「レナードの朝」のような。眞木準賞は、名回答。企業スローガンになりそう。この賞の対象はもっと広げて考えてみたいけれど。シルバーはそれぞれに技があって …

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝会議賞 の記事一覧

一流のコピーライターたちは「宣伝会議賞」をどう見たのか【後編】
一流のコピーライターたちは「宣伝会議賞」をどう見たのか【前半】(この記事です)
宣伝会議賞、シルバー受賞者のコメント
宣伝会議賞、コピーゴールド・CMゴールド・眞木準賞の受賞コメント
宣伝会議賞グランプリ受賞者のお笑い芸人に直撃
写真で振り返る、宣伝会議賞レポート
宣伝会議賞 協賛企業賞発表 日本気象協会~Vingle
第53回宣伝会議賞「審査員から一言!」その3
第53回宣伝会議賞「審査員から一言!」その2
第53回宣伝会議賞「審査員から一言!」その1
宣伝会議賞 協賛企業賞発表 ゆうちょ銀行~日本放送協会
宣伝会議賞 協賛企業賞発表 VSN~森永乳業
宣伝会議賞 協賛企業賞発表 大建工業~凸版印刷
宣伝会議賞 協賛企業賞発表 三和ホールディングス~全労済
宣伝会議賞 協賛企業賞発表 霧島酒造~サントリー
宣伝会議賞 協賛企業賞発表!貝印~牛乳石鹸共進社

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する