広告マーケティングの専門メディア

著者インタビュー

あの著者にインタビュー「価値は交換後の消費プロセスで創られる」

村松潤一

ケースブック価値共創とマーケティング論
● 著者/村松潤一
● 発行所/同文舘出版
● 価格/2500円(税抜)

1年前の2015年3月に前編著『価値共創とマーケティング論』(同文舘出版)を出版した、広島大学大学院社会科学研究科の村松潤一教授。新刊は、その続編にあたるものだ。「マーケティング研究において価値共創をどのように考えるかを明らかにした前書に対して、本書は、製造業、小売業、サービス業における具体的な事例を体系的に示したものです」と村松氏。本書では、コマツ、エーザイ、オタフクソース、ハーレーダビッドソン、ネッツトヨタ南国、ヤオコー、島村楽器、アメリカン・ホーム・ダイレクト、大垣共立銀行、えちぜん鉄道、ホテル・ラ・スイート神戸、吉井旅館、USJなど、実に多くの事例を紹介している。

価値共創型企業システムのモデル化を試み、その有効性を検証した前書。それを引き継ぎ、「マーケティングの本質は、顧客の消費プロセスで行われる、企業と顧客の直接的な相互作用のなかで生み出される価値の創造にある」という仮説を …

あと72%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

著者インタビュー の記事一覧

あの著者にインタビュー「価値は交換後の消費プロセスで創られる」(この記事です)
『外部マーケティング資源としての消費者行動』消費者の多様化は差別化のチャンス 西本章宏
『問題解決に効く「行為のデザイン」思考法』非デザイン従事者も使える新しい問題解決手法 村田智明
『ビジネスモデル思考』成功したビジネスモデルから当事者の考え方や経緯を学べ
『知識マーケティング』知識材を扱うマーケターは、「買い手の教育」が成功のカギ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する