広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

ゲームの世界観をリアルに置き換えた体験型プロモーション

オリコム 吉田勝広(デジタルサイネージコンソーシアム理事)

1 レゴブロックで描かれたモンスターたち。

レゴブロックを貼りつけ『ドラクエ』モンスターを描く

1月25日から1週間、スクウェア・エニックスは、新商品「ドラゴンクエストビルダーズ」のプロモーションでOOHメディアを使った。東京メトロ新宿駅では、大型ボード4面と柱を使った大展開だった。中でもボード2面に「レゴブロック」を貼りつけて、ゲームに登場するモンスターたちを色鮮やかに描いたのは秀逸だった(写真1)。のべ100名のスタッフが4日間32時間もかけて作成したそうだが、約18万個のブロックによって描かれたものは、「このゲームの世界は無数のブロックで構成されている」という、その世界観を再現しており、昔からのファンには懐かしい「ドット絵」を連想させる優れた着想の作品と言えるだろう。

28日の午前7時からは、このブロックを抜き取るという「新宿ブロックモンスター討伐戦」が開始された。通行者にこのブロックを1本1本抜き取ってもらう作戦だ。ブロックを取るとモンスターが消え「討伐」ということになる。ゲーム上では、登場するモンスターを爽快なアクションで倒すことが何よりおもしろいところだが、それをリアルな体験に置き換えている。これがゲームファンの心を見事に捉えた。

実際に現場に行かないとわからないことだが、とにかく参加者の熱量が高い。関係者によると、地下通路のシャッターが開く6時にはすでに参加者が待っていたそうだ。当初参加者があまりに多いので、順番待ちにして5分交代で実施したくらいだという。驚くことに、たった3時間半で18万個のブロックが全て取り外され、「討伐」となったのである。ブロックが取られた後には …

あと50%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

2月の注目ニュースは?広告界トピックス
ディズニーの動画配信サイト「Disney Life」の可能性
ユニバーサルイベントの成功がユニバーサルな社会づくりに貢献する
“実販売店”の販売促進のカギは営業員支援プロモーション
ゲームの世界観をリアルに置き換えた体験型プロモーション(この記事です)
新聞ニュースダイジェスト―18歳選挙権を機に新聞各社がPRに注力ほか
「テレビ微増、ラジオ微減」2016年度営業収入見通し
放送とは違う発展をするインターネット動画 「CES 2016」現地レポート
進むカレンダー化とニッチ化 イベントによるコト消費のかたち
プロモーショナル・マーケター認証資格試験 近年の受験者傾向について考える
初詣に来る人々を捉える 神社・寺でのOOHプロモーション
新聞ニュースダイジェスト 2015年日刊紙の発行部数ほか
初の7000億円越え NHK、2016年度予算
1月の広告界注目ニュース
12月の新聞業界ニュースダイジェスト ユーザーとの接点強化、各社の取り組み
2016年リオ五輪、民放テレビの主要放送種目が発表
インターネットにはもっとオトナの意見が必要ではないか

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する