広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

「テレビ微増、ラジオ微減」2016年度営業収入見通し

明石庸司

地上波テレビ営業収入予測総括表

民放連の研究所は1月29日、2016年度のテレビ・ラジオ営業収入見通しを発表した。「見通し」は例年どおり、回帰モデルによる推計とテレビ・ラジオ各社へのアンケート調査を基に予測している。前提となる2016年度の日本経済は実質GDPで1.2%、名目GDPで1.7%の成長率となると設定。日本経済研究センターの短期予測を基にした。

テレビ見通し

【2015年度見込み】

営業収入は全体で0.2%増の2兆1570億円程度となると見込んだ。東名阪0.3%増、ローカル・ネットワーク系列局0.3%減、独立局±0%とした。上下半期別では、上期0.5%減から下期0.7%増と回復基調を予測した。東名阪15局が下期にプラスに転じる一方、ローカルは上下期ともほぼ同程度のマイナスが続くことを見込んだ。

営業収入の内訳では、スポットは …

あと73%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

2月の注目ニュースは?広告界トピックス
ディズニーの動画配信サイト「Disney Life」の可能性
ユニバーサルイベントの成功がユニバーサルな社会づくりに貢献する
“実販売店”の販売促進のカギは営業員支援プロモーション
ゲームの世界観をリアルに置き換えた体験型プロモーション
新聞ニュースダイジェスト―18歳選挙権を機に新聞各社がPRに注力ほか
「テレビ微増、ラジオ微減」2016年度営業収入見通し(この記事です)
放送とは違う発展をするインターネット動画 「CES 2016」現地レポート
進むカレンダー化とニッチ化 イベントによるコト消費のかたち
プロモーショナル・マーケター認証資格試験 近年の受験者傾向について考える
初詣に来る人々を捉える 神社・寺でのOOHプロモーション
新聞ニュースダイジェスト 2015年日刊紙の発行部数ほか
初の7000億円越え NHK、2016年度予算
1月の広告界注目ニュース
12月の新聞業界ニュースダイジェスト ユーザーとの接点強化、各社の取り組み
2016年リオ五輪、民放テレビの主要放送種目が発表
インターネットにはもっとオトナの意見が必要ではないか

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する