広告マーケティングの専門メディア

注目トレンド 2016

Great Works 鈴木曜さんの注目キーワードは「次世代型消費者」

企業のマーケティング・コミュニケーションに活用できるWebサービス・プラットフォームのうち、2016年に注目・活用すべきものとは? ポスト・Facebook、ポスト・Twitterのようなサービスは、果たして現れるのか?

2016年、面白そうなサービスが多々あるが、個人的に注目している2つのサービスをピックアップしてご紹介したい。

共生型投資プラットフォーム

近年、クリエイティブで地方を活性化させるという名目で、自治体レベルの表現領域において、多くの素晴らしいキャンペーンが生まれている。それを“空中戦”とするなら私が現在、注目しているサービスは“地上戦”に近い部分かもしれない。2015年にスタートした、都心にいながら地方の生産物のオーナーになり、投資額に応じたインセンティブが支給される「OWNERS」というサービスプラットフォームが秀逸で、2016年にはさらに活用範囲が広がると考えている。まずサイトに登録し、次に期間限定のオーナーになる生産物を選択し、サービスを享受するという、いたってシンプルなサービス。しかしながら、定番の「お取り寄せ」と違うのは、「オーナー制度」という概念を導入していることにある。ここで言うオーナー制度とは、ユーザーが、登録期間中「オーナー」として収穫物や商品、サービスプログラムを受け取れる仕組みである。

「IKEA Effect」という現象があるように、ユーザーは自身が参加した事象に対して、少なからず金銭的価値と満足度が上がる傾向にあり、オーナーシップ制度は、都心ユーザーのニーズを通常の通販よりも満足度の高い形で充足する。一方で、遠方のユーザーの認知獲得や、クリエイティブ、キュレーションのスキルをそもそも必要としてこなかった地方の事業主のニーズに対しても、売上以外の部分で価値を付加しており、両者の相互利益に結びつけた功績は大きい。

「OWNERS」に代表されるような ...

あと57%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

注目トレンド 2016 の記事一覧

2016年の潮流を読み解く顕著な3つの兆し
クリエイターがニッチなトレンドを“超個人的”に予測
Great Works 鈴木曜さんの注目キーワードは「次世代型消費者」(この記事です)
dot by dot inc. 富永勇亮さんの注目キーワードは「人工知能」
広告・マーケティング界を取り巻く2016年の制度改革
パーク 三好拓朗さんの注目キーワードは「企業の真の価値発掘」
ユーザーの時間争奪戦、カギは「情報流通」にあり
消費行動にも影響する、「シェアサービス」業界の未来予想図
サイロ化した組織を打ち破る、これからのチームのつくり方
マーケティング領域に新しい風を吹かせる、次の「C ?O」とは?
2016年、メディアはどこにいく?―-マネタイズ、指標、ブロック問題を語り尽くす
気鋭のクリエイターたちが語る「2016年、バズを起こす先にあるもの」
NTTドコモ・日産自動車の宣伝トップが語る「2016年に宣伝部門が担うべき役割と機能」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する