広告マーケティングの専門メディア

注目トレンド 2016

dot by dot inc. 富永勇亮さんの注目キーワードは「人工知能」

企業のマーケティング・コミュニケーションに活用できるWebサービス・プラットフォームのうち、2016年に注目・活用すべきものとは? ポスト・Facebook、ポスト・Twitterのようなサービスは、果たして現れるのか?

「商用人工知能」―この言葉を有名にしたのは、IBMのWatson(ワトソン)であろう。クイズに登場して優勝したり、既成概念を破壊するレシピをつくったりして、人工知能という少し昔のSF的な響きを、実生活に近づける役割を果たした。これ以外にも、2016年はさまざまな人工知能APIが本格的にサービスインし、マーケティングや広告で使われるようになっていくであろう。

その中で、2015年12月に一般公開された音楽サービス「Jukedeck」に注目したい。このサービスは簡単な操作で著作権フリーの楽曲を人工知能を用いてつくれるサービスである。本当に簡単で、3つのステップで完成してしまう。最初に“FOLK” “ROCK”“ELECTRONIC” “AMBIENT”の4つのカテゴリーからジャンルを選び、次に“UPLIFTING” “DARK” “ANGRY”の中からムードを選択し、最後に曲の長さを決めるだけ。これだけの作業で、5秒から最長5分の曲までつくれるので、Vineで流す6秒クリップから、ちょっとしたYouTube用の動画まで、素人でも簡単に楽曲をつくることができる。音楽を知らなくても、センスがなくても、何も考えずにつくれるのは、人工知能の力と簡易なUIによるところが大きい。

過去にも自動作曲をうたうサービスでは「Band in a Box」などがあった。しかし、それらは素人が使うには機能が多く、やや複雑であった。逆に言うと ...

あと57%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

注目トレンド 2016 の記事一覧

2016年の潮流を読み解く顕著な3つの兆し
クリエイターがニッチなトレンドを“超個人的”に予測
Great Works 鈴木曜さんの注目キーワードは「次世代型消費者」
dot by dot inc. 富永勇亮さんの注目キーワードは「人工知能」(この記事です)
広告・マーケティング界を取り巻く2016年の制度改革
パーク 三好拓朗さんの注目キーワードは「企業の真の価値発掘」
ユーザーの時間争奪戦、カギは「情報流通」にあり
消費行動にも影響する、「シェアサービス」業界の未来予想図
サイロ化した組織を打ち破る、これからのチームのつくり方
マーケティング領域に新しい風を吹かせる、次の「C ?O」とは?
2016年、メディアはどこにいく?―-マネタイズ、指標、ブロック問題を語り尽くす
気鋭のクリエイターたちが語る「2016年、バズを起こす先にあるもの」
NTTドコモ・日産自動車の宣伝トップが語る「2016年に宣伝部門が担うべき役割と機能」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する