広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

山手線新型車両導入で脚光を浴びた車両デジタルサイネージ

オリコム 吉田勝広(デジタルサイネージコンソーシアム理事)

E235系が営業運転を開始

新型山手線E235系の車内サイネージ(提供:JR東日本)

2015年11月30日、山手線に次世代の最新型車両であるE235系が1編成導入された(写真)。「まど上チャンネル」と「サイドチャンネル」が新たに設置され、デジタルサイネージの面数が大幅に増えたのが大きな特徴だ。

一方、なくなると言われていた「中づり」が広告媒体として搭載されていたことを多くのメディアが取り上げた。乗客や広告主ら関係者の意見も踏まえ判断したと報道されていたが、安堵した業界関係者は少なくないだろう。「自社の広告がいつも出ている」「日程の始まりや期間に自由度が高い」「紙以外の素材や形状でブランドの世界観を出すことも可能」といった現状のサイネージにはない中づり広告の特長が維持されたのは広告主にとっても良いことだろう。

しかし、紙のまど上広告はなくなっている。販売方法は未知だが、こちらの需要はサイネージに移行すると考えられる。

当面この1編成は、広告貸切電車として運用されることになり、多くの広告主の出稿が決まっているようだ。しかし …

あと68%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

12月の新聞業界ニュースダイジェスト ユーザーとの接点強化、各社の取り組み
2016年リオ五輪、民放テレビの主要放送種目が発表
インターネットにはもっとオトナの意見が必要ではないか
訪日外国人2000万人時代のイベントの発信を考える
JPMプロモーショナル・マーケター認証資格試験は通算で8894人が受験
山手線新型車両導入で脚光を浴びた車両デジタルサイネージ(この記事です)
第45回日本プロモーショナル・マーケティング協会展 経済産業大臣賞にキユーピー「母の日ブーケサラダ」
VRヘッドセット×スマホ×サイネージ×ヘッドホン デバイスを組み合わせたプロモーション
11月の新聞社ニュースダイジェスト 新聞協会主催「あしたの一面展」ほか
NHK「クローズアップ現代」 BPO意見の波紋
4Kテレビの現状と課題 Strategy Analytics社のアナリスト ワトキンス氏の指摘
新たな市場としての可能性 記念日をきっかけにイベントを生み出す
11月の広告界注目ニュース
ネット時代の創作活動 複製技術の進化と創作
ラグビーワールドカップ2015 次開催国である日本にとってのヒント
日本プロモーショナル・マーケティング学会 「論集(第8巻)」が発刊

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する