広告マーケティングの専門メディア

2015年の広告界をプレイバック!

クリエイターが選んだ、私的『ナンバー1』の広告コピー(中編)

日々、膨大な情報・コンテンツに接触している消費者。こうした環境下で広告・キャンペーンが人々の心を捉え、真に効果を発揮するためには、ビジュアルもさることながら、キャッチコピーも重要な要素だ。業界の最前線で活躍するクリエイターに、2015年の広告コピーの中でとくに秀逸だと思ったものを、その理由とともに挙げてもらった。

img14

ち、のち、いのち。

[日本赤十字 東海北陸ブロック血液センター]献血促進キャンペーン

「やべ、コピーってこういう風に書くんだった」と思い出させてくれたからです。

オガワプロ 小川英紀氏

img13

戦争の話になると、祖母の声が大きくなった。

[東海テレビ放送]公共キャンペーン「戦争を、考えつづける。」

自分の祖母が全く同じだったことを思い出してハッとしたから。

電通 中部支社 岡本達也氏

“やっちゃえ”NISSAN

[日産自動車]企業広告「宣言 矢沢」篇

全方位かつ広告を超える領域にまで作用する力を持つ、骨太さとセンス。

I&S BBDO 尾形嘉寿氏

結果にコミットする。

[RIZAP(ライザップ)]入会キャンペーン

コピーは誰が読んでもわかる表現を、という意識を見事に覆したコピー。30代後半から60代前後のターゲットがこぞって反応しているところを目の当たりにした。意味がよくわかっていないにもかかわらず「コミットする」という言葉が日常で使われる場面にたびたび遭遇。さらに流行語大賞にもノミネートされた。

かんべ笑会 神戸海知代氏

img15

生まれかわったよ。

[日清食品 日清どん兵衛]「生まれかわったどん兵衛」編

誰でも思ったことのある企画なのに、最もタブーを破っているように思える。定着させるための ...

あと51%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する