広告マーケティングの専門メディア

2015年の広告界をプレイバック!

クリエイターが選んだ、私的『ナンバー1』の広告コピー (前編)

日々、膨大な情報・コンテンツに接触している消費者。こうした環境下で広告・キャンペーンが人々の心を捉え、真に効果を発揮するためには、ビジュアルもさることながら、キャッチコピーも重要な要素だ。業界の最前線で活躍するクリエイターに、2015年の広告コピーの中でとくに秀逸だと思ったものを、その理由とともに挙げてもらった。

終わりに近づくほど どれだけでも愛せることを知る。

[ルミネ]2015年冬広告

1年の終わり、恋の終わり、人生の終わり...そう、終わりに近づくと、人ってこんなにもやさしくなれるんだ。そう思えるなら「終わり」は嘆かわしいことではない。「終わり」って悪くないかも。むしろ「希望」。ファッションでありながら、男と女、人間関係にも響くこのコピーが、僕の今年ベスト1でした。

赤城廣告 赤城廣治氏

どんばれ

[日清食品 日清どん兵衛]「生まれかわったどん兵衛」篇など

いま思いついたのがこのコピーだったので。これは僕が書きたかったなと思ったコピーでした。

電通 岩田純平氏

戦争を、考えつづける。

[東海テレビ放送]公共キャンペーン「戦争を、考えつづける。」

広告主は、メディア。 公共キャンペーンとしては ...

あと40%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する