広告マーケティングの専門メディア

2015年の広告界をプレイバック!

2015年「アドタイ」PV上位記事に見る、広告界のトレンドとは

編集部

30位までにランクインした記事の中で、2015年を象徴する、あるいは潮流の一端が垣間見れる記事を編集部視点で選定。それらの記事は、2016年にどんな示唆を与えてくれるのか。

>6位 広告界アイデア合戦!エイプリルフール企画2015総集編

2016年の“fool”なネタは?

節分、バレンタイン、エイプリルフール、ハロウィーン、クリスマス……。企業にとってもコミュニケーションの機会になりやすいイベント行事。なかでも最大の注目は、4月1日のエイプリルフール。あらゆる企業がアイデアを競い、ユニークなコミュニケーションを繰り広げるのは、いまや“恒例行事”になりつつある。

多くの企業がユーモアたっぷりのコミュニケーションを仕掛ける分、企業としてのセンスがより問われるようになり、各社の熱量も年々高まっている。2015年の事例を総集した本記事では、グーグルやレッドブル・ジャパン、Uber Japanなど外資系企業が目立つ一方、栗山米菓や森永乳業などといった国内の企業も健闘。2016年にはどんなアイデアが生まれるのか(写真はロッテ「爽」の企画)。

11位 auが描く“自由すぎる”桃太郎×金太郎×浦島太郎/
au「あたらしい英雄」篇 ほか3篇

CM界に9年ぶりの新王者が誕生

いまやすっかりお茶の間に定着したauの“三太郎”シリーズのCM。桃太郎、金太郎、浦島太郎という日本を代表する3人の「英雄」は、実はトモダチだったという設定で、2015年1月にオンエアを開始。10月までに55パターンのCMを放送した。

かぐや姫や乙姫、鬼などの新キャラクターを続々と加え、視聴者を飽きさせないコミカルなストーリーを展開。互いを「桃ちゃん」「金ちゃん」「浦ちゃん」と呼び合い、今風の言葉を使う3人による、本家のストーリーを無視した自由な掛け合いが描かれる。12月に発表されたテレビCMの好感度トップを決める「第24回ブランド・オブ・ザ・イヤー」(CM総合研究所主催)では、8年連続で首位を堅持していたソフトバンク(2015年は2位)を抜き、見事トップの座を獲得。9年ぶりに新たな王者が誕生した。

さらにCMの世界観をそのままに、あらゆる仕掛けを実施。浦島太郎が ...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する