広告マーケティングの専門メディア

マーケターのための事業構想

継続する「トレンド」をつくる

カフェブームや海外有名店の日本上陸など、新たなトレンドを次々にもたらし、「行列のできる店」の仕掛けをつくるプロデューサーがいる。一過性のブームで終わらず、ライフスタイルとして浸透するブランドをつくる秘訣とは。

[

“夜景も楽しめるカフェ”として2001年にオープンした「OFFICE」(写真上)。
若者が夜な夜なカフェに集う様子から着想に至った。“世界一のかき氷”をコンセプトにした「ICE MONSTER」は、この夏注目を集めた(写真下)。

2008年頃から一大ブームが巻き起こり、世界の有名店が相次いで日本に上陸した「パンケーキ」。トレンドを牽引したのは、ニューヨーク・タイムズ紙が“世界一の朝食”と評したシドニー発のレストラン「bills(ビルズ)」だと言われる。その日本国内におけるオペレーションを手がけるのが、トランジットジェネラルオフィス(トランジット)だ。

代表取締役社長の中村貞裕氏は「トランジットはファッション、建築、音楽、デザイン、アート、飲食をコンテンツに“遊び場”を創造する企業」と語る。同社がカフェビジネスに新機軸を打ち出した事業としては、アパレルブランドやカーブランドによるカフェの運営が挙げられる。非飲食企業の店舗にカフェを設けるという新しいモデルだ。さらにトランジットは、飲食店だけでなく、大阪「堂島ホテル」のリニューアルや、JR東日本のレストラン列車「TOHOKU EMOTION」などのプロデュースも手がけている。

伊勢丹に務めていた中村氏が起業のアイデアを見つけたのは、駒沢大学近くのカフェだった。流行に敏感な若者が夜な夜な集まる様子を見て、カフェにブームの兆しを感じたのだと言う。カフェ開業のアイデアを練り始め、伊勢丹を退職。会社を立ち上げ、2001年に最初のカフェ「OFFICE」をオープンした。東京・外苑前で、夜景を楽しむこともできる立地。「カフェで仕事をする」をコンセプトにした店舗だった。

この夏に話題となった、かき氷店の …

あと36%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

マーケターのための事業構想 の記事一覧

継続する「トレンド」をつくる(この記事です)
IoTによってもたらされる未来
地方創生マーケティングの実例で見る事業構想

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する