広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

4Kテレビの現状と課題 Strategy Analytics社のアナリスト ワトキンス氏の指摘

志村一隆

Strategy Analytics社のワトキンス氏

先日、英国のIT関連調査会社のStrategy Analytics社でテレビ関連のアナリストとして活躍しているデビッド・ワトキンス氏(David Watkins)と話をしていると、欧州ではいまソニー製の4Kが売れているという話題が出た。ワトキンス氏は「ソニーのブランドは韓国メーカーより強い。この数年テレビを買わなかった人たちが、テレビを買うにあたってソニーを選んでいる」と言う。

試しに、英国の家電量販店Curry’sのサイトを見ると、ソニーの55インチテレビがサウンドバー付きで999ポンド(1ポンド=185円計算で約18万5000円)。日本の似た機能のテレビが価格.comで21万9000円。ほぼ同じ値段だ(経験上、テレビはどの国にいってもほぼ同じ値段である)。

ただ、今年(2015年度)のソニーの液晶テレビ販売台数は、昨年より31万台、一昨年より20万台減少見込みの115万台である。米国調査会社IHS社の発表によれば、液晶テレビの出荷台数は2014年10月以降減速しており、2016年度はやや前年を割り込むとしている。

日本ではどうだろう。JEITA発表の数値をみると、2015年1~9月までのテレビ出荷台数は359万台。そのうち4K対応テレビは37.4万台で、全体の約10%。4Kテレビは、前年比で289%も売れている。ただしテレビ全体の販売台数は前年比93%。なんとなく、テレビ自体のニーズ減少が気がかりではある。

ワトキンス氏の指摘する4Kテレビの課題

それでも、4Kテレビ周辺では色味と輝度など …

あと56%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

第45回日本プロモーショナル・マーケティング協会展 経済産業大臣賞にキユーピー「母の日ブーケサラダ」
VRヘッドセット×スマホ×サイネージ×ヘッドホン デバイスを組み合わせたプロモーション
11月の新聞社ニュースダイジェスト 新聞協会主催「あしたの一面展」ほか
NHK「クローズアップ現代」 BPO意見の波紋
4Kテレビの現状と課題 Strategy Analytics社のアナリスト ワトキンス氏の指摘(この記事です)
新たな市場としての可能性 記念日をきっかけにイベントを生み出す
11月の広告界注目ニュース
ネット時代の創作活動 複製技術の進化と創作
ラグビーワールドカップ2015 次開催国である日本にとってのヒント
日本プロモーショナル・マーケティング学会 「論集(第8巻)」が発刊
映画やアニメの登場人物に変身させる サイネージプロモーション
相次ぐ新聞社の合同Webサイトの開設 地方紙間の連携が活発化
民放テレビ・ラジオの営業収入見通し テレビは減収予測へと下方修正
10月の広告界注目ニュース
Netflixがついにサービスを開始 日本の映像市場はどう変わるか
密度の濃いコミュニケーションが存在価値 スマートフォンで語れるイベント
広告主は「プロモーション企画費」をどのようにとらえているのか

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する

最近もっとも読まれた記事