広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

ラグビーワールドカップ2015 次開催国である日本にとってのヒント

日本イベント産業振興協会 主任研究員 越川延明

2019年は日本での開催

ラグビーワールドカップ2015(RWC2015)におけるラグビー日本代表の大躍進のおかげで、ここ数年の中で最もラグビーが注目を集めている。次回開催地は日本である。4年後に向け、とても良いスタートが切ることができたと言える。2019年の日本開催にあたり、現地で感じたことを記載する。

RWCは夏季オリンピック、サッカーのFIFAワールドカップと並び世界三大スポーツイベントと呼ばれる。そのようなイベントがラグビーの本場である英国で開催されるので、かなりの盛り上がりを想像していたが、ラグビー一色に盛り上がっているという印象は受けなかった。ラグビーも人気はあるが、それ以上にサッカーの人気が高いため、メディアもパブもサッカーファンの方が多かった。これは滞在期間が一次リーグであったことも影響しているかもしれない。

RWCの特徴として、試合のない日が相当数あることが挙げられる。こうした競技日程をうまく埋めていくためにも開催地やファンの自主的な熱意と行動の受け入れていたように思える。ラグビーは階級社会とも揶揄され …

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

ネット時代の創作活動 複製技術の進化と創作
ラグビーワールドカップ2015 次開催国である日本にとってのヒント(この記事です)
日本プロモーショナル・マーケティング学会 「論集(第8巻)」が発刊
映画やアニメの登場人物に変身させる サイネージプロモーション
相次ぐ新聞社の合同Webサイトの開設 地方紙間の連携が活発化
民放テレビ・ラジオの営業収入見通し テレビは減収予測へと下方修正
10月の広告界注目ニュース
Netflixがついにサービスを開始 日本の映像市場はどう変わるか
密度の濃いコミュニケーションが存在価値 スマートフォンで語れるイベント
広告主は「プロモーション企画費」をどのようにとらえているのか
新鮮なアイデアで国産野菜をOOHメディアでPR
新聞・通信社、戦後70年でデジタル展開 蓄積データ、取材力を活用
ワイドFMが新たな動きと求められるAM各社の変革
9月の注目ニュースとは?広告界ニュースダイジェスト
第38回「プロモーション業界実態調査」 SP売上の対前年比はやや増加
優れたグラフィックデザインによる駅ばりポスターでのブランディング
日経、英紙FTを買収 グローバル化とデジタル化を推進

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する

最近もっとも読まれた記事