広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

映画やアニメの登場人物に変身させる サイネージプロモーション

オリコム 吉田勝広(デジタルサイネージコンソーシアム理事)

映画のヒーローに変身できた

自分が映画のヒーローに変身

10月5日から1週間、20世紀フォックスは、映画『ファンタスティック・フォー』のプロモーションをOOHメディアで展開した。メトロ新宿駅の大型ボードのスペースには、等身大の縦型サイネージが4面並べて設置され、画面には映画の主人公である4人のキャストが1面ごとに映っている。サイネージの前に立つと、カメラで顔がスキャニングされ、4人のうち3人のキャストの顔に合成され表示された。最後にその写真を撮ってシェアしよう!と、SNSへの拡散を促すものだった。

1人でやってみると、3人すべてが自分の顔になった(写真1)。自分の顔は実に鮮明でリアルだ。タイトな戦闘スーツを着た姿を見ると、映画の登場人物のように特殊能力を得て活躍できそうな気分になる。ただ、髪の毛が丸刈りの人や女性に合成された姿を見ると、普段と違う自分に違和感を覚え思わず笑ってしまった。

ツッコマレビリティのある展開

変顔になった例(イメージ)

現場では大きな歓声を上げ、合成された映像を見て、手を叩いて笑っていた若い女性のグループがいた。サイネージ画面にはお世辞にも美しいと言えない変顔があった。眼が異常に大きかったり …

あと63%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

ネット時代の創作活動 複製技術の進化と創作
ラグビーワールドカップ2015 次開催国である日本にとってのヒント
日本プロモーショナル・マーケティング学会 「論集(第8巻)」が発刊
映画やアニメの登場人物に変身させる サイネージプロモーション(この記事です)
相次ぐ新聞社の合同Webサイトの開設 地方紙間の連携が活発化
民放テレビ・ラジオの営業収入見通し テレビは減収予測へと下方修正
10月の広告界注目ニュース
Netflixがついにサービスを開始 日本の映像市場はどう変わるか
密度の濃いコミュニケーションが存在価値 スマートフォンで語れるイベント
広告主は「プロモーション企画費」をどのようにとらえているのか
新鮮なアイデアで国産野菜をOOHメディアでPR
新聞・通信社、戦後70年でデジタル展開 蓄積データ、取材力を活用
ワイドFMが新たな動きと求められるAM各社の変革
9月の注目ニュースとは?広告界ニュースダイジェスト
第38回「プロモーション業界実態調査」 SP売上の対前年比はやや増加
優れたグラフィックデザインによる駅ばりポスターでのブランディング
日経、英紙FTを買収 グローバル化とデジタル化を推進

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する