広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

相次ぐ新聞社の合同Webサイトの開設 地方紙間の連携が活発化

宮浦慎

連携により地元のPRにつなげる

高速道路や新幹線など高速交通網の整備が進み、県境を越えた住民の往来が増えている。こうした状況を捉え、複数の地方新聞社が特定のテーマで合同Webサイトを立ち上げる動きがある。地元での取材力や情報網を生かし、観光情報などを広く発信する取り組みが活発化している。

茨城新聞社、下野新聞社(栃木県)、上毛新聞社(群馬県)は10月1日、北関東の観光情報を発信するWebサイト「きたかんナビ」を共同で開設。3社それぞれの紙面やWebサイトに掲載した記事や写真、動画を合同サイトに配信し、3県の魅力を伝える取り組みだ。

サイトは「レジャー」「食・グルメ」「パワースポット」といったテーマごとに、地域の名所や観光などに関するニュースを一覧で見ることができる。秋の観光特集ページでは、3県の「紅葉マップ」を配置。各県100以上のエリアに細かく分割された地図に紅葉の状況を表示する。このほか、地域のイベントを紹介する動画も豊富に盛り込む。

パソコン、タブレット端末、スマートフォン、それぞれに最適化された形での閲覧が可能だ。各記事に位置情報を登録し、利用者の現在地から距離が近い順にニュースを表示する機能も備える。

2011年の北関東自動車道の全線開通以降、3県の交流が深まっている状況があるという。県を越えたさまざまなニュースを見ることができるサイトの利点を生かし、地元のPRにつなげたい考えだ。

北陸新幹線の金沢延伸(3月14日)を見据え、1月に開設された「北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ」は、信濃毎日新聞社(長野県)、新潟日報社、北日本新聞社(富山県)、北國新聞社(石川県)、福井新聞社の5社による合同の観光情報サイトだ。各社が紙面に掲載した観光に関するニュース、各地のおすすめイベント情報やスポットなどを紹介している。

「きたかんナビ」は「北陸・信越観光ナビ」と、記事の見出しを掲載し合うといった連携を検討しているという。

東奥日報社(青森県)、岩手日報社、河北新報社(宮城県)、秋田魁新報社、山形新聞社、福島民報社、福島民友新聞社の7社は …

あと53%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

ネット時代の創作活動 複製技術の進化と創作
ラグビーワールドカップ2015 次開催国である日本にとってのヒント
日本プロモーショナル・マーケティング学会 「論集(第8巻)」が発刊
映画やアニメの登場人物に変身させる サイネージプロモーション
相次ぐ新聞社の合同Webサイトの開設 地方紙間の連携が活発化(この記事です)
民放テレビ・ラジオの営業収入見通し テレビは減収予測へと下方修正
10月の広告界注目ニュース
Netflixがついにサービスを開始 日本の映像市場はどう変わるか
密度の濃いコミュニケーションが存在価値 スマートフォンで語れるイベント
広告主は「プロモーション企画費」をどのようにとらえているのか
新鮮なアイデアで国産野菜をOOHメディアでPR
新聞・通信社、戦後70年でデジタル展開 蓄積データ、取材力を活用
ワイドFMが新たな動きと求められるAM各社の変革
9月の注目ニュースとは?広告界ニュースダイジェスト
第38回「プロモーション業界実態調査」 SP売上の対前年比はやや増加
優れたグラフィックデザインによる駅ばりポスターでのブランディング
日経、英紙FTを買収 グローバル化とデジタル化を推進

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する