広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

民放テレビ・ラジオの営業収入見通し テレビは減収予測へと下方修正

明石庸司

地上波テレビ営業収入見通し総

2015年度はテレビはスポット減に

民放連研究所はこのほど、2015~2016年度の民放テレビ・ラジオの営業収入見通しを発表した。今年1月に発表した見通しの改定版で、2015年度のテレビは地上波127社全体で年初予測の1.3%増から1.2%減と4年ぶりの減収予測へと下方修正した。2016年度は0.5%の微増を予測した。

改定版では、テレビの営業収入は東名阪が当初予測1.4%増から1.2%減に、ローカルが同1.3%増から1.1%減、独立局が同1.3%増から1.2%減とすべて減収になると予測を下方修正。スポット・タイムのいずれも減収になるとしており、特にスポットがテレビ全体で2.5%増から1.4%減に、東名阪2.6%増から1.5%減、ローカル2.4%増から1.2%減と大きく下方修正した。独立局のスポットのみ1.7%増から3.5%増と上方修正している。

下方修正の要因は

2015年度の日本経済は …

あと72%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

ネット時代の創作活動 複製技術の進化と創作
ラグビーワールドカップ2015 次開催国である日本にとってのヒント
日本プロモーショナル・マーケティング学会 「論集(第8巻)」が発刊
映画やアニメの登場人物に変身させる サイネージプロモーション
相次ぐ新聞社の合同Webサイトの開設 地方紙間の連携が活発化
民放テレビ・ラジオの営業収入見通し テレビは減収予測へと下方修正(この記事です)
10月の広告界注目ニュース
Netflixがついにサービスを開始 日本の映像市場はどう変わるか
密度の濃いコミュニケーションが存在価値 スマートフォンで語れるイベント
広告主は「プロモーション企画費」をどのようにとらえているのか
新鮮なアイデアで国産野菜をOOHメディアでPR
新聞・通信社、戦後70年でデジタル展開 蓄積データ、取材力を活用
ワイドFMが新たな動きと求められるAM各社の変革
9月の注目ニュースとは?広告界ニュースダイジェスト
第38回「プロモーション業界実態調査」 SP売上の対前年比はやや増加
優れたグラフィックデザインによる駅ばりポスターでのブランディング
日経、英紙FTを買収 グローバル化とデジタル化を推進

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する