広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

Netflixがついにサービスを開始 日本の映像市場はどう変わるか

志村一隆

映像ビジネス史での位置付け

Netflix(ネットフリックス)がいよいよ日本でサービスを開始した。早速「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」や「ブレイキング・バッド」のスピンオフシリーズ「ベター・コール・ソウル」を楽しんでいる。

彼らの進出で日本の映像市場はどう変わるのだろうか?あるいは変わらないのか?考えてみたい。

まず、彼らを映像ビジネス史とインターネットのイノベーション史の文脈で位置付けてみたい。Netflixは、多チャンネル放送のケーブルテレビとホームシアターのレンタルDVDという映像ビジネス2つの流れの後継者である。膨大なアーカイブとオンデマンド視聴サービスをユーザーに提供している。先駆者との違いは、低価格と利便性(マルチスクリーン配信)だったこと。それが既存サービスを代替した。

さらにNetflixは流通と製造をマーケティングで直結させるユニクロやセブン-イレブン的な業態の映像ビジネス版である。流通から制作へという例は、ケーブルテレビ業界にはたくさんある。しかし、インターネット的映像プラットフォームでオリジナル製作に乗り出し成功したのはNetflixが最初である。

つまり、Netflixはインターネット以降起きているビジネスモデルの変革を映像市場で実践し成功した企業である。

日本市場進出における課題

ではNetflixの課題はなにか?

まず、インフラ面では ...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

Netflixがついにサービスを開始 日本の映像市場はどう変わるか(この記事です)
密度の濃いコミュニケーションが存在価値 スマートフォンで語れるイベント
広告主は「プロモーション企画費」をどのようにとらえているのか
新鮮なアイデアで国産野菜をOOHメディアでPR
新聞・通信社、戦後70年でデジタル展開 蓄積データ、取材力を活用
ワイドFMが新たな動きと求められるAM各社の変革
9月の注目ニュースとは?広告界ニュースダイジェスト
第38回「プロモーション業界実態調査」 SP売上の対前年比はやや増加
優れたグラフィックデザインによる駅ばりポスターでのブランディング
日経、英紙FTを買収 グローバル化とデジタル化を推進
2016年から4K・8K試験放送、今後の普及なるか
8月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト
現代のイノベーションの潮流は古きものと新しきものの共存、住み分け
2014年のイベント市場規模 推計は15兆5200億円
コンテンツとコミュニケーションが“同居”するこれからの動画
JACEイベントアワードからイベントの意味合いを考える
第13回 JPMプランニング・ソリューション・アォード各受賞作品が決定

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する