広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

広告主は「プロモーション企画費」をどのようにとらえているのか

日本プロモーショナル・マーケティング協会 坂井田稲之

企画・デザイン費の回収が急務に

業界全体で見ると、どうも景気がパっとしない。前号の通り、日本プロモーショナル・マーケティング協会調査(2014年度プロモーション業界実態調査)によれば、対前年比は103.2%だそうだ。

いずれにしても、問題は、かつてとは大きく違い、製作ロットが大幅縮小減していること。しかし一部では、プロモーション界の仕事は、旧来の「モノ造り」ではなく、ネット系の仕事が増え「製作ロット」を云々する時代ではないとも言われる。

だが、同「業界実態調査」によれば、減少の傾向にあるものの「POPツール」製作業務(20.9%)が依然第1位の構成比を占め、「マス4媒体以外のSP媒体広告」(16.4%)、「プレミアム手法制作・運営」(15.0%)がそれに続き、以下は、「グラフィック系SP印刷物」(11.9%)、「展示会、イベント制作・運営」(10.5%)までが1割以上の構成を占める。インターネット広告系は確かに増加の傾向にはあるが、構成比は4.6%に過ぎない。

となると、やはり「製作ロットの減少」が重大問題であり ...

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

Netflixがついにサービスを開始 日本の映像市場はどう変わるか
密度の濃いコミュニケーションが存在価値 スマートフォンで語れるイベント
広告主は「プロモーション企画費」をどのようにとらえているのか(この記事です)
新鮮なアイデアで国産野菜をOOHメディアでPR
新聞・通信社、戦後70年でデジタル展開 蓄積データ、取材力を活用
ワイドFMが新たな動きと求められるAM各社の変革
9月の注目ニュースとは?広告界ニュースダイジェスト
第38回「プロモーション業界実態調査」 SP売上の対前年比はやや増加
優れたグラフィックデザインによる駅ばりポスターでのブランディング
日経、英紙FTを買収 グローバル化とデジタル化を推進
2016年から4K・8K試験放送、今後の普及なるか
8月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト
現代のイノベーションの潮流は古きものと新しきものの共存、住み分け
2014年のイベント市場規模 推計は15兆5200億円
コンテンツとコミュニケーションが“同居”するこれからの動画
JACEイベントアワードからイベントの意味合いを考える
第13回 JPMプランニング・ソリューション・アォード各受賞作品が決定

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する